雇用 契約 書 書き方。 契約社員の雇用契約書を作成する際の重要ポイント【雛形ダウンロード付】|咲くやこの花法律事務所

必須の記載事項 労働基準法施行規則第5条第1項に規定されている項目は、以下の14項目あります。

雇用契約書には、「始業時刻」や「終業時刻」、「休憩時間」、「休日」についての記載をします。 このときに、たとえば、就業規則に家族手当や住居手当の支給についての規定があるのに、雇用契約書で家族手当や住居手当を支給しないことを定めることはできません。

13

おわりに 就業規則の規定を参照する場合、就業規則をきちんと確認してもらうようにしましょう。 つまり、労働条件を通知する「労働条件通知書」がないと法律違反になりますが、「雇用契約書」は、なくても法律違反にはなりません。

正社員といいながら実態は契約社員である可能性があります。

13

しかし、単に会社の要求レベルに達していないだけで、通常より能力が高い人を配置転換などの代替措置を取らず、いきなり解雇に持っていくことは無理があります。

今では、双方が署名または記名押印をして証拠書類としておくのが一般的です。 正社員・契約社員のみならず、パートやアルバイトでの労働においても、この雇用契約は成立します。 実は、雇用契約自体の書面での取り交わしは必須ではありません。

10

また契約期間を定めておかなければ、給与が最低賃金すれすれで設定されているため、秋に最低賃金がアップした際に対応できなくなるため契約金額を定めているという企業もあります。 雇用契約書の契約更新の有無について どのパターンであっても、雇用契約書に契約期間がある場合は、事業主に確認してみましょう。 記載がない場合は、何かの事情で社員と裁判になってしまった場合、会社が口頭で「裁量労働制だった」と主張しても、裁判官は認めてくれません。

しかし、雇用契約書は双方の署名捺印があるため、労働条件の通知の役割を加えておくことで紛争のリスクを軽減できます。