生理後 安全日。 危険日・安全日の妊娠確率は?「絶対できない日」はある?

実は避妊法として有名な「オギノ式」はまさにこの考えをもとにした方法で、本来は避妊ではなく妊娠しやすい日を知る方法なのです。 「生理前だから安全日」とは言えないのです。 アフターピルは性交から72時間以内に服用する 緊急避妊薬(アフターピル)とは、妊娠を望んでいないにも関わらず、妊娠の可能性があるセックスをした後に服用する錠剤です。

6

たしかに、妊娠しやすい期間というのは、生理周期の真ん中あたりの排卵が起こるタイミング(排卵期)なので、 生理の直前や生理中は妊娠の可能性は低いことが多いです。 なお、ピルを服用していたとしても、性感染症や子宮頸ガンなど「性行為による感染で発症する病気」の予防の為、また妊娠確率を更に下げる為に、コンドームを併用する事をオススメします。

15

また、生理が来るまで、ずっと「妊娠するのではないか」という不安を抱えながら過ごすことはつらいでしょう。 精子はおよそ2~3日が生存期間ですが、まれに一週間生き残ることもあります。

9

ところがそういうわけではないのです。 妊娠を望むにしろ望まないにしろ、女性の体の仕組みをきちんと理解しておくことが大切です。 よく耳にする「安全日」、「危険日」という言葉。

体調によっては危険日に妊娠する 危険日は、世間一般的には「妊娠しやすい日」という考えで、時期としては、排卵日周辺の頃のことを指します。 まとめ 今回は、妊娠の可能性が低いと言われている安全日と、可能性が高いと言われている危険日についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。 排卵の時期などは、正確には判断できないためです。

3

妊娠を望まれる方もそうでない方も、安全日・危険日についてしっかりと知識をつけておきましょう。 ただし、100%の確率ではないことと、副作用が出ることもあるため、女性はつらい思いをする可能性が高いかもしれません。

3

この働きで高温期が続くため、14日以上たっても基礎体温が下がらず高温が続く場合は妊娠を考える必要があります。

7