ご 自愛 ください コロナ。 【季節別】「ご自愛ください」の意味と使い方|目上/年賀状

今がいちばんの踏ん張り時ですから、ご自身が感染されないように、お大事になさってください。

20

「慈愛」は「慈 いつく しみを注 そそ いでかわいがる愛」です。 「これからも暑さが続きますので、くれぐれもご自愛ください」 「暑さ厳しい折、どうかご自愛ください」 このように夏の季節は、日差しも強くなってるので、体調が狂うという言葉を含んでいる言葉を使います。 ・青葉が生い茂る初夏の折、貴社のさらなるご活躍をお祈り致します。

4

お礼状、寒中見舞い、暑中見舞いなどの手紙の中でも使われています。

17

秋 9、10、11月 残暑が残り、夏の疲れが出ます。 ですから、病気の人、体調が良くない人に向けてはタブーな言葉です。

9

6月の季節を表す用語として、「入梅」「梅雨寒」「長雨」などの梅雨時期を表すものや、「麦秋」「小夏」などが使われることが多い。 文例 前略 昨今新型コロナウイルスが蔓延しております。 しかし居宅介護事業所や訪問ヘルパー事業所は、職員である訪問ヘルパー自身の安全も守らなければなりません。

しかし、上司など目上の人に対しては少し軽々しく、カジュアルな印象を与えてしまうので、避けた方が良いでしょう。 「ご自愛ください」という言葉は、相手のことを気遣いながら文章を締めくくることができる素敵な結び言葉です。 「ください」という表現が、上から物を言うような傲慢な印象で、抵抗を感じる人もいるようです。

自分への愛情を要求するフレーズとなり、本来の意味とは全く異なるものになってしまい、相手を困惑させてしまうこともあるでしょう。 言葉に気をつけている方や、年配の方の中には、とても気になるという人もいるので注意しましょう。 季節に合った時候の表現とうまく組み合わせて、正しく使ってみましょう。

10