忘却 曲線。 ヘルマン・エビングハウス

脳科学の分野では記憶は「短期記憶」と「長期記憶」の2種類に分けられます。

20

海馬は何回も同じ情報が入ってくると 「こんなに頻繁に入ってくる情報なんだから重要に違いない」と思って長期記憶のほうへ移してくれるようになります。 まず、このグラフを見てください。

2

動因(drive)とは、行動を生起させる生理的要求のことで、生きるための食物・水・睡眠の要求や、生命危害の除去に関する要求、種の保存に関する性の要求など。 人間の記憶の仕組みにしたがえば反復学習こそが王道だということ 忘却曲線は「忘れやすさ」を示したグラフではない 世間一般に広まっているエビングハウスの忘却曲線の説明によれば、人間は1時間後には覚えたことの56%を忘れてしまうことになります。

10

とはいえ、このようなことはエビングハウスが論文を執筆していた1884年頃でも、教育としては当たり前に認識されていた話。

復習を行う場合、回数も重要ですが、もっと重要なのがタイミングです。 主に「 節約率」についての研究だが「 忘却量」についても研究されている• 私も昔は英単語を暗記しようとしても、すぐに忘れてしまいなんども挫折していました。

19

エビングハウスの行った実験 では、この忘却曲線を導くために、エビングハウスの行った実験とはどのようなものだったのか、ご紹介します。 同じことを思い出すのに、20分以上の差があるのです! このグラフから読み取れることは、次の2点です。 ()内は、章ごとの内容をわかりやすく私がまとめたものです。

2

学習対象を変形させた場合、どの程度再学習が簡単か? 最後の9章については「 覚えた無意味音節を変形させた場合、どの程度記憶に影響するか?」に関する研究です。 最適な復習のタイミング 以上の結果を踏まえ、最も効果的に長期記憶に取り入れることのできるタイミングは以下のように提案されています。