緊急 事態 宣言 延長 協力 金。 緊急事態宣言エリアでの時短営業への協力金申請まとめ【関東版(東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木)】

申請は、一事業者につき一度のみとし、店舗ごとにバラバラでの申請は受付できません。

12

(支給はすべての書類が整ってから4週間程度かかります。

3

ガイドラインを遵守のうえ「感染防止徹底宣言ステッカー」を、申請した対象店舗において要請期間中に顧客が見やすい場所に掲示していること。

18

そんななか、注目されているのが、緊急事態宣言で夜8時までの時短営業要請に従っている飲食店に対して支給される協力金がどうなるかだ。 「なぜ一律の支給額に! しかし、埼玉県は1月8日から1月11日までは さいたま市大宮区、川口市、越谷市のみ、 1月12日から2月7日までは、県内全域に対象が広がります。 記事によると ・政府は、東京など感染拡大が続く地域に対する緊急事態宣言の延長について、あす2日、政府対策本部を開いて正式決定する方針を固めたことがテレビ東京の取材で分かりました ・政権幹部によりますと、政府は、東京などへの緊急事態宣言の延長について、あす政府の諮問委員会や対策本部を開いて、正式決定する方針を固めました ・政府与党内の調整が整えば、きょう、1日のうちに菅総理大臣が延長について言及することも検討 ・引き続き延長する地域と宣言を解除する地域については、1日夕方に関係閣僚が協議して最終調整 この記事への反応 ・ ふざけるな ・ 入国制限も延長してくれ ・ 急にどうした? まじめにコロナ対策する様になったやん。

Search : 緊急事態宣言延長協力金 : 関連ニュース• 飲食店は酒類の提供は11時から19時、 20時までの時短営業が要請され、 20時以降の外出自粛の徹底が要求されています。

対象になる飲食店は? いわゆる通常の飲食店(飲食店営業、喫茶店営業の許可を持っている)、 バー、カラオケ店、キャバレーも含みます。

8

支給する店舗に上限はなく、 必要な書類をそろえれば申請をすることができます。

なお、 申請後の店舗追加はできません。 2 対象期間・支給額・対象事業者等 緊急事態措置により、営業時間短縮要請を強化する期間においては、協力金の支給額を1店舗1日あたり6万円に増額するほか、対象事業者を拡大します。

都内に主たる店舗又は従たる店舗を有し、かつ、大企業及び「みなし大企業」に該当しない 、次のいずれかの法人等を指します。

13