バンカー ショット。 バンカーショットの打ち方と砂を打つときのコツ

また、左手首が手の平側だと、ヘッドが砂に刺さりやすくなってしまいます。

14

そして、今度はアドレスをとってゆきますが、まず、通常のアイアンショットのように、ボールとターゲットを結んだターゲットライン(目標ライン、もしくは飛球線)に対して、両肩、両足のラインが平行になるように構えます。 大阪府• バンカーショットでは思い切りが重要です。

19

バンカーショットはボールの手前をダフることによって、ボールが砂と一緒に飛んでいくショットです。 また、距離を振り幅で調整することが苦手であれば、振り幅は変えず、フェースを開いてオープンスタンスに構えて打つとよいです。

16

」という方があまりにも多くてビックリしました。 両肩の向きは足の位置ほど開かなくてもいいのですが、足とともに開く角度はボールのライや飛ばそうと思う距離によって決まります。 たとえばバンカーショットは鋭角に打ち込むものだと思っていませんか? そう思っているとしたら大きな誤解です。

17

先ほどのフェースの開きとは異なることがわかりますか? そしてその位置のままスタンスを取ります。 フェースを開くことによってサンドウェッジが持っているバウンスというのが効いてきます。 そこで・・・ アドレスで開いたフェースがターゲットを向くまで・・・体を左へと向けてゆきます。

1

前者は距離を出せずにバンカーから脱出することができない可能性や、脱出できたとしても思うように距離を出せない可能性が高まる。 飛ばしたくない時はフェースを開くのもあり バンカーショットの基本は、フェースを開かなくて良いと説明したが、ピンが近い場合など飛距離を出したくない時にはフェースを開くという選択肢もある。

18

いくつかの失敗例を確認しながら、自分がどのケースでの失敗が多いのか振り返りながら考えてみてください。 が、ハンドレートに構えるだけで、 フェースを開かなくてもオープンスタンスにしなくても、 バンカー脱出に十分なレベルで バンスを使えます。

16

これはどういうことかというと、バンカーにボールが乗った千円札が置いてあり、その真下にティーが(砂に)埋まっている・・と想像してみます。 3.ボールが目玉になったら距離感も方向もなにも考えないこと。

15

バンカーショットのコツは、 バンスを上手く使う ということです。 少しフェースを開くことも忘れないようにしましょう。 つまり、アドレスもあまり開かず、いつもよりやや シャロー(上から振り下ろさないでクラブの入射角が低く入る)気味に入れて大丈夫です。

18