尽力 を 尽くす。 「尽力を尽くす」とは間違った言葉の使い方!?そもそも尽力とはどんな意味?

丁寧な表現が最適なのか、フランクな表現でも大丈夫なのか、相手によって見極めて使い分けましょう。 自分の意思を述べる際には尽力の前には「御」はつけません。

1

所存 の意味は「考え、思うところ」• ご尽力いただき、心から感謝申し上げます• 「ご尽力」と違い、 相手が力を尽くすほどの努力を必要としないことから、 依頼の際にも使うことができます。

1

心血をそそぐ• また、 「ご尽力」というのはいいなれていないと「ご」をつけると おかしい使い方なのではないかと一瞬迷います。 例文(年賀状) 本年もより一層尽力を重ねて参ります。 これは、「尽力」がという言葉だけでが、 「力を尽くす」といった意味だとすると 「尽力をつくす」となると 「力を尽くす」を「尽くす(つくす)」 といったことになり、 同じような 意味の言葉を二回続けているといったことになります。

15

「尽力する」「尽力に努める」などのような言葉を利用してメールを出すようにしましょう。 このように、相手に対して「頑張ります」「努めていきます」という意欲を伝える場合に「尽力」を使います。 例文「より一層(日々)尽力いたしますので」 いずれも意味はおなじで「一生懸命がんばります」 どれも丁寧な敬語であり、 ビジネスシーン(メール・手紙・上司・目上・年賀状など)で使うのにふさわしいフレーズ。

2

「盡力」と書くこともできますが、一般的に「尽力」を使うことが多いです。 「助力」で使用する場合は、自分自身が助ける際に使います。 この「精進」は「一つのことに集中して、熱心に行う」ということを意味します。

18

「今後も尽力を尽くしたい」といった言葉づかいも ついやってしまいがちな 間違った言葉遣いのひとつですが、 これも 「尽力したい」 だけで 十分できる限りのことをして極める といった熱意が伝わる言葉 として成立しています。 そこでたとえば 「仕事に尽力して参ります」 「より一層のサービス向上を目指し尽力して参ります」 などのようにすると良いでしょう。 また、尽力という言葉は自分の努力に対しても使用することができます。

7