重ねる ハザード マップ。 水害ハザードマップと浸水予想区域図とは|杉並区公式ホームページ

また、国土交通省が運用する「ハザードマップポータルサイト」では、全国の市区町村が作成したハザードマップを確認することができます。 国土交通省は、2004年に高潮対策や避難計画に関するマニュアルを作成し、全国の自治体に高潮ハザードマップの作成を促しています。

11

作業をしてみた結果、操作性はかなり良かった。 2012年施行の津波防災地域づくり法により、都道府県が津波被害が想定される地域を「津波災害警戒区域」に指定し、区域内の市区町村は、津波ハザードマップの作成と公表が義務付けられました。

1

高潮ハザードマップ 高潮ハザードマップとは、高潮によって生じる被害を受けるおそれのある地域や被害の程度を表示したハザードマップです。

さらに、北海道・新潟県・石川県・岐阜県・鳥取県・島根県の津波浸水想定のデータを追加しました。 大田区側に何も色がついていないということは安全と言うことではなく、調査した凡例がないだけだと推測します。 したがって大田区も多摩川沿いは無事では済まなそうですね。

国管理河川:太田川、根谷川、三篠川、天満川、旧太田川、元安川• 市のポータルサイトやYouTubeより閲覧できます。 今後凡例は統一されていくとのことですが、現段階で避難する私たちにとっては一番ヤバいやつを参考にするのが安心でしょう。

だいたいで結構です。 自然災害は恐ろしい。

13

わがまちハザードマップも活用したい。 最後に「津波」を選択してみます。 出典:「国土地理院の電子地形図(タイル)に洪水浸水想定区域・土砂災害警戒区域・土砂災害危険区域・道路防災情報を追記して掲載」 右上にある「危」アイコンをクリックしてから、カーソルで場所を選ぶとより詳しい災害リスクの一覧も確認することができる。

10