藤井 風 なん なん 歌詞。 藤井風(Fujii Kaze)『何なんw』歌詞【意味&解説】|本当に自分自身が求めているものは何?|arai no HIKIDASHI

ホームレスという存在を、自由、開放の対象として歌う。 そんな存在からしたら、人間同士のやり取りは「巻き込まんとって泥沼」という感じなんでしょう。 しかし、ハイヤーセルフから逃げているとどんどん 幸せは遠のいていきます。

13

みんな 先が見えない夜道を 共に 迷い歩く夜更け時 うつむかないで 怯えないで 閉ざした扉 叩いて ミュージックビデオでは使い古されたシーン。 もうええわ 何が大切なん?よう選んで もうええわ そう思うならサッサ手放して もうええわ 自由になるわ 泣くくらいじゃったら笑ったるわ アハハ・・・ ラスサビ。

11

「何なんw」の歌詞 あんたのその歯にはさがった青さ粉に ふれるべきか否かで少し悩んでる 口にしない方がいい真実もあるから …知らない方が良かったなんて言わないで居て 何があってもずっと大好きなのに どんなときもここにいるのに 近すぎて見えなくてムシされて 雨の中一人歩くあんた 心の中でささやくのよ そっちにいってはダメと 聞かないふり続けるあんた 勢いにまかせて肥溜めへとダイブ それは何なん 先駆けてワシは言うたが それならば何なん 何で何も聞いてくれんかったん その顔は何なんw 花咲く街の角誓った あの時の笑顔は何なん あの時の涙は何じゃったん たまには大胆に攻めたら良い 時には慎重に歩めば良い 真実なんてもんはとっくのとうに 知っていることを知らないだけでしょう あれほど刻んだ後悔も くり返す毎日の中で かき消されていくのね 真っさらになった決意を胸に あんたは堂々とまた肥溜めへとダイブ それは何なん 先駆けてワシは言うたが それならば何なん 何で何も聞いてくれんかったん その顔は何なんw 花咲く町の角誓った あの時の笑顔は何なん あの時の涙は何じゃったん 神様たすけて、やばめ やばめ やばめ やばめ 足元照らして、やばめ やばめ やばめ やばめ 目を閉じてみて 心の耳すまして 優しい気持ちで 答えを聴いて もう歌わせないで 裏切りのブルース それは何なん …ワシは言うたが それならば何なん 何で何も聞いてくれんかったん 何なん 何なん 何なん あの時の笑顔は何なん あの時の涙は何じゃったん 何なん 晴れ晴れ…で始まる歌い出し これは 「晴れの国 岡山」をもじった歌詞でしょう。 「心軽くして これから」と言いながら、他人を気にしなけりゃ真っ直ぐ歩くこともできない。 。

田舎から都会に来ると、とにかく人と会う数が増える。

6

そして二つ目は、"Nan"という音を2回繰り返すという点だ。 この部分を聴いて、吉田修一の「怒り」という作品を思い出しました。 これを2度繰り返すことで強-弱-強-弱といった抑揚が生まれ、歌に乗せずとも自然にリズムが出来上がるのである。

コードはセブンスとマイナーセブンスが中心と思います。 気付けば僕は藤井風の虜になっていた。 だからこそ未来のない状況で 「怖くはない」「失うものなどない」とあり『なぜなら最初から何も持っていなかったから』と現状を肯定するフレーズが綴られていく。

17

しかし、後にこの曲の背景を知った時、またも風氏の才能に唸らされる事となった。 ただ、必ず「優しさ」「キリがないから」も聴き込んで記事にしたいし、機会があればライブにも行きたい。 一度落ち着いて優しい気持ちになれば、きっと真実が見えるはず。