ブロッコリー 電子 レンジ。 レンジでできる!ブロッコリーの下処理方法、見直してみませんか

2.レンジ使用可の大きめのお皿に濡らしたキッチンペーパーを広げ、その上にブロッコリーを広げてのせる。 切ったブロッコリーを耐熱皿や耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをかけて、電子レンジ(500W)で1株あたり3分30秒加熱する。

電子レンジを使った下処理方法 1.ブロッコリーを食べやすい大きさに切り分ける。

14

ブロッコリーの洗い方 ブロッコリーを洗う時、他のお野菜と同じように上から水道水をかけて、軽く洗うだけで終わっていませんか?残念なことに、この洗い方だと、ブロッコリーをしっかり洗うことはできていないんです。

4

ブロッコリーは上の部分、つぼみの隙間には砂や虫など、たくさんの汚れが潜んでいて、これらは流水だけで綺麗に洗うことは難しく、ブロッコリーならではの洗い方をする必要があります。 電子レンジで茹でると、ビタミンCの流出を防ぐことができます。

ブロッコリーをレンジで加熱し、キッチンペーパーで包み、水けを絞ります。 1房ずつ取り出しやすいように、一度金属バットで凍らせるのがポイントです。 2 小房を加え、再沸騰したら火を止める ブロッコリーの風味をしっかり残すには、再沸騰したらすぐ火を止めてザルにあげるのがポイント。

凍ったら冷凍用保存袋に移す。

免疫力のアップや美容に効果的なビタミンCが含まれている量は、野菜の中ではトップクラスです。 ビタミンCは人間の体内で作ることはできない物質で、日頃の食事から摂取する必要がありますが、ブロッコリーならレモンよりも日常の食卓で登場させやすいかと思いますので、是非、ブロッコリーを積極的に食べるようにしたいですね。

13

シリコンスチーマーがなくてもお皿で作れるのでぜひ試してみてくださいね。 4分あたためるとある程度食べられるまで柔らかくなりますが、切ってあたためるときよりは固いので、自分の好みのやわらかさまであたためてください。

10

おすすめ関連記事 当サイト『』ではその他にもブロッコリーのレシピをご紹介しています。 鍋でゆでる方法で、再沸騰後の加熱時間を延ばして食べ比べてみたので、お好みのかたさを見つける参考にしてください。

16