パレオ エクスプレス。 「SLパレオエクスプレス」全車指定席で2021年2月運行開始 秩父鉄道

武川駅での停車時間は約2分で、すぐに出発します。 1944年2月に川崎車両で製造され、現役時代は東北を中心に活躍した。

奥に見える橋は車などの通行の為の親鼻橋です。

3

秩父地方に1300万年くらい前まで生きていた海獣パレオパラドキシアの「パレオ」と、「エクスプレス(急行)」を組み合わせて「パレオエクスプレス」と名づけられました。 その場合、運行区間がSL牽引のときとは異なる)。 座席はクラシカルなワインレッドの4人掛けのボックスシートです。

武川駅から寄居駅まで このあたりで最初の車内販売が回ってきますので、お弁当やグッズを買っておくことをおすすめします。

10

SLの不調や貸出などにより、ELによる代理牽引運転になった場合、乗車券のみで乗車できるため、これらは払い戻しとなる。 - が埼玉県(現・)立に展示されていたC58 363の車籍を復活。 寄居駅から約25分で長瀞駅に到着です。

10

運行20年目を迎える。

14

乗車していない方のSL撮影スポットのひとつでもあり、気笛を多めにならすので、写真にも黒い煙が映っています。 SLパレオエクスプレスとは SLパレオエクスプレスとは、秩父鉄道で毎年3月から12月まで運行される蒸気機関車です。 その後もいくつか鉄橋を渡って、三峰口駅に到着します。

10

当時の客車は旧型客車の43系だった。 秩父駅から熊谷駅まで1時間40分程の乗車時間ですが、ハイライトは乗ってすぐの時間帯にあります。 備考 [ ]• SLイメージ 写真:秩父鉄道 SLパレオエクスプレス客車内イメージ 写真:秩父鉄道 鉄道チャンネル編集部. 運行開始当初は、急に備えてELを(補機)として最後尾に連結して運行していた。

7