アウディ a3 スポーツ バック。 アウディA3スポーツバック中古車のよくある故障・維持費・相場価格・燃費

このサスペンションを装備すると車高は10mm下げられる。

7kgm。 フロントは、大型化されたシングルフレームグリルと、バンパーの大型エアインテークが特長だ。 4L直列4気筒TSFIガソリンターボエンジンと最高出力109ps(80kW)を発揮するモーターを搭載し、全体の最高出力は204ps(150kW)、最大トルクは35. そのあたりはインチアップしたり足周りを交換するか、上のグレード(シリンダーオンデマンド)を選べば得られると思います。

0L直列3気筒TFSI直噴ガソリンターボエンジンを搭載するモデルを新たに設定した。 2019年7月:右後輪スピードセンサ不良による走行制御不可が再発 有償交換 今まで6台乗り継いできましたが、回転数センサ(スピードセンサ)や変速機などの重要部品を交換する羽目になったことは一度もありません。

8

新しいデザインエレメントを投入 コンパクトなプロポーションに、アウディのキーデザインであるワイドなシングルフレームとフロントエンドの大型エアインテークを組み合わせ、ショルダーラインはヘッドライトからリヤライトまで滑らかに伸びている。 写真は7速 S tronicモデル。

0 TFSI クワトロスポーツ」がラインナップしています。

トランスミッションはSトロニックで1. 下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。 2016年12月:変速機不良交換(変速時に異常ショックおよび発進時にすべり) 無償交換 5. 初期にはエンジンの3ドアボディとFFに4速という仕様であったが、にはFFのターボモデル、さらににはであるクワトロ・5速仕様が加わり、NAモデルには5ドアボディが与えられた。 今までオプション設定だった装備を標準装備とした。

(日本語)• 幅広いユーザーに受け入れられる温和な性格でなければならない。 【総評】 当時、MMIナビなどが別売りだったので少々高い気もしましたが、国産コンパクトではこのような「しっかり」「しっとり」した運転感覚は味わえないので、悪い買い物ではなかったと思っています(値引額は本体・オプションの区別が分からないので総額です)。 マフラー4本出しになっていることからS3の可能性もあります。

10

新形状のシフトレバー、アルミまたはカーボンのインレイを採用した。 A3の車内は、加速中でも静粛性が高い。 【乗り心地】 前期型の16インチより17インチになった為、固い乗り心地になりました。

2

4TFSIは確かにパワー不足な感じがするが、街中重視で走るなら十二分に楽しめるお洒落なお車だ。

11