降æ ŧ éĄ˜ã„ã€‚ æœŦäēē希望ãĢよる降æ ŧãĢついãĻぎįĩĻä¸ŽãŽč€ƒãˆæ–š

降æ ŧéĄ˜ã„ä¸€ã¤ã§å…¨ãĻが変わるぎで、äŊœæˆãĢはį´°åŋƒãŽæŗ¨æ„ã‚’払いぞしょう。

5

ここ数ã‚Ģ月、äģ•äē‹ä¸ŠãŽã‚šãƒˆãƒŦã‚šīŧˆæĨ­å‹™å¤šåŋ™ã€į›´åąžãŽä¸Šå¸ã‹ã‚‰ãŽåĢŒãŒã‚‰ã›į­‰ãŒåŽŸå› ã§ã™īŧ‰ã§ åŋƒčēĢともãĢ不čĒŋがįļšã„ãĻいぞす。 į¤žå“ĄãŽč§Ŗ雇は原則įš„ãĢå°ąæĨ­čĻå‰‡ãĢåž“ãŖãĻすることです。

2

降æ ŧéĄ˜ã„ãŽæ›¸ãæ–šã‚’æ•™ãˆãĻ下さい。 専門įŸĨč­˜ãŒéƒ¨ä¸‹ã‚ˆã‚ŠåŠŖãŖãĻいãĻもäŋĄé ŧできるäēēであれば部下はついãĻくると思いぞす。 īŧˆīŧ”īŧ‰éŽåŽģãĢæ‡˛æˆ’å‡Ļåˆ†ã‚’ã—ãŸčĄŒį‚ēãĢついãĻ降æ ŧå‡Ļ分はできãĒい 過åŽģãĢ「戒告」、「減įĩĻ」ãĒãŠãŽæ‡˛æˆ’å‡Ļåˆ†ã‚’ã—ãŸčĄŒį‚ēãĢついãĻ、さらãĢ降æ ŧãŽæ‡˛æˆ’å‡Ļ分をすることはできぞせん。

専門įŸĨ識äģĨ外で部下がé ŧãŖãĻくれる存在でありさえすればよい、という態åēĻではいけãĒいと思いぞす。 č§Ŗ雇でãĒい限り、äēēäē‹ãĢついãĻぎäŧšį¤žãŽčŖé‡æ¨Šã¯æŗ•įš„ãĢåēƒãčĒã‚ã‚‰ã‚ŒãĻる。 重大ãĒå‡ēæĨäē‹ã¨č€ƒãˆãĻ、降æ ŧするį†į”ąã¯å……原した内厚ãĢするぎが大切です。

18

īŧˆåĢŒãŒã‚‰ã›ãŽčŠŗį´°ã¨į—…é™ĸãĢ通ãŖたæ—Ĩäģ˜ãƒģ通é™ĸč¨˜éŒ˛ã‚‚čĒŋずãĻ記å…Ĩīŧ‰ すると、īŧ™æœˆãĢäēēäē‹ã‹ã‚‰ã€ã€ŒæœŦäēēãĢ不刊į›ŠãĢãĒらãĒいようãĢいたしぞすぎで、äē‹åŽŸįĸēčĒãŽãŸã‚ãŽæ™‚é–“ã‚’æŦ˛ã—ã„ã€ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã—ãŸã€‚ 降æ ŧéĄ˜ã„ã‚’å—ã‘å…ĨれãĻもらえãĒい場合 ä¸Šå¸­č€…ãŽįŽĄį†čƒŊ力も問われぞすぎで、åŋ…ずåŧ•ãį•™ã‚ãĢあいぞす。

9

į¤žå†…čĻåŽšãĒおを参į…§ã™ã‚‹ãŽã‚’åŋ˜ã‚ŒãĒいようãĢしãĻください。

6

そぎ時ぎ態åēĻやäŧãˆæ–šãĢよãŖãĻ、降æ ŧぎ内厚が変わるぎで、受į†ã•ã‚Œã‚‹ãžã§æ˛šæ–­ã—ãĒいぎが大切です。 äģ–äēēからおんãĒį›Žã§čĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚ˆã†ã¨ã€ããĄã‚“と働いãĻいけるようãĢ、č‡Ē分が「前䞋」とãĒるようãĢį˛˜ã‚Šåŧˇãč¨´ãˆãĻいこうと思ãŖãĻいぞす。

11