Zozo グラス。 レンズに通知が来るスマートグラス「Focals」、Alexa対応も実現|ZOZO FashionTechNews

かつては若者向けのブランドだったが時代の流れから売り上げが低迷。

4

「ゾゾコスメ」はファッションとの合わせ買いによる出荷単価の向上や利用回数の底上げを担う存在だ。 ゾゾコスメ公開時の取り扱いブランド数は500以上と大幅に拡大。 3%増の337億8500万円と増収増益。

7

スキンケアを意識していなかった年代が、基礎化粧品を使用するようになった理由は?. ファッション・アパレル業界も売り場を減らすこととなり、各社がオンライン販売に積極的になった。 ファッション・アパレル業界も売り場を減らすこととなり、各社がオンライン販売に積極的になった。 そういった意味で、Focalsはスマートグラスを普及させる第一歩を切り開くのではないでしょうか。

18

「ゾゾタウン」の会員平均年齢は34歳、男女比率では7割が女性とF1層がメインユーザーとなっている。

6

回復への起爆剤として同社が取り組んだのが40代をターゲットにした戦略だった。 オフラインの化粧品売り場でも感染症予防の観点から美容部員によるタッチアップなどのサービスが困難な中、テクノロジーを活用した色選びは大きな差別化につながる要素だ。 機械は持ち物ではなく身につけるもの、身につけるものから体の中に取り込むものとして進化する未来も、そう遠くないかもしれません。

ZOZOは2019年11月にヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)の連結子会社となっており、集客には同ホールディングス傘下の「ヤフー!ジャパン」のほか、3月にZホールディングスとの経営統合を完了する見込みのLINEの活用という、グループ横断での取り組みを検討している。 国内では新型コロナウイルス感染症の拡大などを契機に化粧品ECが増えており、ファッションECでも化粧品の取り扱いを行うサイトも続々と登場している。