シンフォギア ミカ。 「戦姫絶唱シンフォギア」,ガリィとミカがプレイアブルキャラクターとして登場。イベントクエストの配信も

メモリアカード「復活ッ! オートスコアラー」を獲得することでアプリオリジナルのストーリーを観ることができます。 そのため、ミカからガリィに対してキスのすることもある。

20

その後、ミニイベント「復活ッ!オートスコアラー」で無事に蘇り他の4人同様にプレイアブルキャラとして登場した。 なお、のはの精構造の一部をに組まれたものである。

5

特徴 各個体の名称には属性や特性を示唆するキーワードが含まれており、キャロルは機能性を最優先に彼女達を設計した事が伺える。 最大で合計歌唱石100個の他、カードの強化に必要なアイテムが獲得できるお得なミッションとなります。 強化型シンフォギア完成のための時間稼ぎを買って出た、のシュルシャガナとイガリマを破壊せしめた。

聖詠ボーナスチャンス対応ではなくなっているが、聖詠ボーナスチャンス以上のリーチに発展しやすい(発展濃厚ではない)。 初代の「フィーバー戦姫絶唱シンフォギア」と比べ、3大キーポイント演出は内容も同じで信頼度もほぼ同じ。

12

ミカの評価 特徴 状態異常付与が得意 必殺技2種で毒を付与し、スキルや必殺技2の効果で毒の対象に追加ダメージを与えられる。 詳しい確定内容は以下の表で確認しよう。

「ガリィ」「ミカ」がガチャで初登場 「ガリィ」「ミカ」が初登場する「復活ッ! オートスコアラー メモリアイベント連動ガチャ」を配信開始しました。 最大で合計歌唱石100個の他、 カードの強化に必要なアイテムが獲得できるお得なミッションとなります。 - 向けおよび同名の 人名以外のミカ• ガリィ亡き後ということもあり想い出の供給が行えない状況での戦闘でもあったが、捨て身の攻撃手段である「バーニングハート・メカニクス」を発動、イグナイトモジュールを発現させた調・切歌と文字通り我が身を燃やすかのような激闘を演じ、結果二人のコンビネーションアーツの前に敗れ、撃破された。

14

オートスコアラーの中でも特に策謀に長けたであり、同時に「聖杯」の力を与えられ錬金術の行使に必要な「想い出」を扱う能力に長ける。

18

- 「 」の登場• その場合は他のサブ予告よりもチャンスとなっているので要注目。 最後 ガリィが撃破されたあとのミカは、レイアとファラに対して、やや乱雑に「好きにさせてほしいゾ」と言っており、その後、最後の戦いで捨て身の技、バーニングハート・メカニクスを披露。

4

戦姫絶唱しないシンフォギアの演出は初代だと賑やかしの演出だったが、本機では予告の役割をするようになっている。 その硬度たるや、シンフォギアの攻撃を受け止め、且つその防御を突破する程の威力を生み出すに足る程。

17