モバゲー タウン。 「モバゲータウン」のつくりかた:1日6億PVを6人のインフラ担当で支えられる理由

携帯ゲームのコンテンツプロバイダとしてだけでなく、インターネット時代、モバイル時代の新世代広告メディアとして、意外な方向から業界を大きく変化させていくことになるのかもしれない。 やはりコミュニティが必要。

15

具体的には、日記や掲示板の投稿、閲覧、アバターアイテムの購入や着せ替え、質問広場への投稿といったSNS機能をパソコンから利用できるようにする。 畑村氏は、ここにあるロジックを明快に説明して見せた。

11

動きは『モーション』というアイテム扱いで、アイテムを身に付けるのと同様に動きを選択できる。 (テレビ東京)• 歴史 [ ]• ゲームをサイトへの誘導材料とし、それを話題としてコミュニティへと引き込み、定住化させる。

18

DeNAが携帯電話事業に参戦したのは2004年のことで、ケータイ専用のオークションサイト「モバオク」、ショッピングサイト「ポケットビッダーズ」を開始。 小説やサークルの宣伝、誰にも言えない悩み、独り言など目的は様々である。 脳力大学 漢字テスト()• マイルーム 自分のアバター もしくはモーションアバター と家具が配置できる。

その勝手サイトの中で、現在飛びぬけて高い人気を集めているのが、株式会社ディー・エヌ・エーが運営している「モバゲータウン」だ。 こうして「モバゲータウン」では、ユーザーを増やす循環モデルを作り上げている。

2007年5月から500万人のユーザーに告知、コカ・コーラと共同のキャンペーンサイトを立ち上げた。 最近では会員集めに苦戦する公式サイトのコンテンツプロバイダーが、「モバゴールド」を獲得しようとすることで会員となるユーザが多いことから広告出稿するケースが増えている。 2009年頃より伝言板や日記などにコメントをしようとすると退会済表示がされるようになる。

ディー・エヌ・エー(DeNA)は7月2日、モバイルソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「モバゲータウン」をパソコンからも利用できるようにしたと発表した。 テーマごとに、最初の1回は無料 だが、神ガチャのみ初回無料ではない。

6