プラトー 骨折。 脛骨プラトー骨折

坐骨?• しかし高度な外力により受傷することが多いため手術による治療を行います。

交通事故の場合、事故から半年後に骨が癒合していれば基本的に症状固定時期です。 ということになります。

11

骨折や靭帯損傷後の手術であれば、まずは関節の可動域を改善すること、そして筋力をできるだけ落とさないようにと努めるのが一般的です。 筋力運動は膝伸展位での大腿四頭筋の等尺性運動()を行う。 2/3荷重~全荷重のリハビリ:歩行訓練がスムーズに進んでいくために 2/3荷重が始まれば、平行棒や松葉杖、歩行車などを使って歩行感覚をつかんでいきます。

12

術後の痛みは少なくなり、術翌日より膝を動かすリハビリを開始することができ、早い症例では術後数日で120度以上を曲がるようになります。 これに対し、転位や陥没がひどい場合には、手術により骨折部のズレを治してプレートやスクリューにより固定します。 より 脛骨高原骨折でネット検索したら、こういう記事をみつけました。

縫工筋・簿筋およびも膝関節における二関節筋であり、機能回復の対象となる。 整復時に必要な器械類の出し入れは正確に覚え、医師の指示に対し迅速にプレートやスクリューを出せるようにしておきましょう。

9

しかし一部の骨折型では膝の内視鏡である関節鏡を使って、関節を切らずに手術することが可能になりました。 皮膚を貫いて、皮膚の外側で固定します。

2

受傷機転は高速走行中の交通事故によるものが最も多く、次いで高所から墜落して脛骨を介して外力が大腿骨顆部に及ぶ場合がある。

4

脛骨近位端骨折の治療法 【保存的治療】 転位の少ない脛骨近位端骨折の治療では、保存療法といってギプス固定などで治癒することが可能です。

9