ハイキュー 394。 【ハイキューネタバレ394話最新話速報】戦友牛島との戦いで貫かれる佐久早のルール!|ワンピース呪術廻戦ネタバレ漫画考察

スポンサーリンク 『ハイキュー!!』 393 話のネタバレ それではハイキュー!!第393話『一番乗りの男』の要点をまとめてみました。 。

13

ハイキュー!! 394話ネタバレ 佐久早がまだ高校生だった頃・・・ 佐久早は牛島へ「何でそんなに強い?」と尋ねます。 佐久早の性格 佐久早「(オレは不注意・不用意な人間が嫌いだ)」 なので日向を「体調管理出来ない奴は嫌いだ」と拒絶します。

星海は獣医学部へ進んだ昼神の言葉を思い出しながらアタックに跳ぶ。 今後の企画や予定などを少しだけご紹介します。

7

スポンサーリンク 『ハイキュー!!』 394-395 話のネタバレのまとめ 稲荷崎の角名と同じEJP(東日本製紙)RAIJINに所属する古森の回想を交えながら、佐久早のエピソード紹介の話となりました。

4

佐久早のことを褒める実況に賛同しつつ、佐久早の 弱点の話題に。 スマホで試合を観戦していた現在同じチームメイトである古森と角名。

男子12日目、田中家に澤村と菅原が集まります。 佐久早が長年磨いてきたサーブレシーブが、ついに牛島のサーブを上回ったという印象的なシーンです。

15

これまでロメロが放ってきたサーブとは逆サイドで意表をつかれるかと思いきや、佐久早は涼しい顔で完璧にレシーブしてみせる。 星光と日向の「高度な空中戦」を見ながら、ロメロの2度目のサーブを美しいレシーブで佐久早は返した。 万全の状態で試合に臨むことは当たり前、体調管理ができていない選手など以ての外なのだ。

16

コートに居る人間は皆注意を払って生きている それでも時にどうしようもないことは起こる 佐久早は、そんな どうしようもないことを目の当たりにしてきたのだ。 古舘春一「ハイキュー」393話より引用 元気球(げんきアタック)が決まり、得点はBJが先に20点台へと到達しました。

18

古舘春一「ハイキュー」393話より引用 最後のドヤ顔を見ると、全方位に喧嘩を売る中二病ぶりが相変わらずですが、このスパイクを決めない自分は不要だと、絶対の自信で試合に臨む決意も伝わってきます。 5発売• そんな佐久早に日向は「学習したからもう大丈夫」だと答える。