クラヴマガ フォア フロント。 KRAVMAGAについて

人間は不意に襲われたときはパニック状態に陥り、思考能力が急激に低下するため、訓練においては、破裂音、突然真っ暗にする、大音量などを導入し、生徒が周囲の状況に余計に迷わされず、敵にダメージを与えることに集中するよう指導することもある。 目標は自分の身は自分で守れるくらいの技や体力、気力を身に付けたい、一生自分の足で歩きたい、とにかく女性としてもっと逞しくなりたいです。 だからこそクラヴマガ・フォアフロントでは身体だけでなく、メンタル、考え方のトレーニングでもあるのだ。

19

KRAVMAGAについて 日本の安全神話は崩壊しつつあります。 布川 もともと、女性でもすぐに習得できる護身術として考案されましたので、技の動作が単純化されており、効率よく覚えられます。 ルールのある競技スポーツと違って、いきなり相手が襲ってくるという自分が不利な状況から、いかに対処するかをあきらめずにトレーニング続けるうちに、どんなことにも簡単に諦めない癖がつきました。

18

ルールがなく周りにあるものを使い、ナイフや銃のディフェンスに特化したクラヴマガは普通のスポーツ格闘と違いより実戦的で女性であっても身につけることができると思い習い始めました。

13

家でテレビを見ながらダイエットマシンに乗っていても効果が出るまでたいがい飽きてやらなくなります。 クラヴマガは、他の護身術や武術などと根本的なコンセプトやニーズが違うものなのです。

布川 クラヴマガは自然な防御反応の動作を応用しているので、初動の速さに優れています。 トレーニングメソッドとしての側面からみても、スポーツジムなどで、孤独に黙々とトレーニングするだけでなく、アットホームに和気藹々と楽しみながら身を護る術を習得できるとあって、老若男女問わず幅広い人々から支持を得ています。 クラヴマガ・フォアフロントを選んだ理由 ブラックベルトのチーフインストラクター布川氏から直接クラヴマガを習えることが理由です。

クラヴマガ・フォアフロントを選んだ理由 実戦的な護身術を一から丁寧に教えてもらえるからです。 これからの目標は、どんな状況でも冷静に的確に判断、対処することができるようになることです。 今後は習ったことをより定着させて、着実に護身術を身につけたいです。

5