ドライバー スイング 基本。 ドライバー打ち方の基本!初心者が習得すべき7ポイント

同じ方向に動くと左手が右手を追い越しませんから上手く打てません。 腰や肩は移動しても頭の位置が動かないようにすることで自然と軸が作れます。

8

アイアンの調子が良く、ドライバーが悪い時のコツ アイアンはダウンブローができていて調子が良いが、ドライバーの調子が悪いという場合、ドライバーでもスイングの最下点でインパクトをしてしまっている事が多いです。 ティーアップの仕方から正しいアドレス方法、身体の中心の位置やミスショットの要因など丁寧に解説。

8

力がある方(ボールが上がりづらく、スピンが出づらいため)にオススメ。

18

コックを効かせて、飛距離を伸ばすリスト これまでは腰主導のゴルフスイングの基本を強調してきましたが、クラブと体をつないでいるのがグリップである以上、どうしてもリストの動きに意識が向いてしまうのは仕方が無いでしょう。 これがプロのドライバー! ここではプロのドライバースイングの動画や記録をご紹介します。 また、この時に使用するパターはピン型などのヘッドが小さいものより、ネオマレット型やTバー型と言われるヘッドが大きいパターをおすすめします。

12

インパクトの瞬間、 ベルトのバックル部分がターゲット方向をまっすぐ向くくらいのイメージで回すことで、自然と両腕も伸びるでしょう。 対してスイングスピードに対してシャフトが柔らかすぎる場合にはしなりすぎてヘッドが戻ってこないためスライス気味のボールが多く出ます。

15

しかし「フェード」や「ドロー」だとどうですか?肯定的に意味合いに思われる方が多いのではないでしょうか。

17

おすすめのゴルフレッスン・スクールをご紹介します。

3