次期 衆議院 選挙。 次期衆院選 15小選挙区で38人が準備:朝日新聞デジタル

前回は選挙前に旧民進党から急きょ旧希望の党に所属が変わり、今回も立民などとの合流が議論されている。

11

ただ、東京五輪開催可否によってこのスケジュールは実現可能性が大きく変わるほか、東京都議会議員選挙とダブルとなる可能性もあることから、この時期のコロナの状況と合わせて、多方面への影響を考えなければならないでしょう。 割っていった得票数の多い順に当選となります。 本日は佐賀県、長崎県の予想。

11

だから、これがチャンスなら、小選挙区に立てるということになります。 次期衆院選の情勢予想です。

9

19選挙区で候補者を決めているが、野党共闘の状況を見て7選挙区は保留している。 2022年の夏に予定されている、第26回参議院議員通常選挙でも、124人の参議院議員が選ばれます。 少しわかるようになると、一皮むけて、もう一段階上のニュースが理解できるようになってきます。

4、5区巡る駆け引き 「京都5区の推薦は全く決まっていない」。

3

どうやって世代交代をするのかが課題なのです」と言っていました。

13