無碍 に する。 【無下】と【無碍】の意味の違いと使い方の例文

(融通無碍=行動や考えがなんの障害もなく自由でのびのびしていること)• 毎年正月になると猫も杓子もみな神社に行って頭を下げています。 それに否定の「無」がついているので、「邪魔をされない」ということですね。 「無」は「〜ではない、〜はしない」を意味します。

7

それでは真実の智慧のはたらきとは、いったいどのようなことなのでしょうか。 無碍は「無礙」とも書きます。 阿弥陀仏 諸仏 菩薩 諸神 では、「 諸神」よりも上の、「 菩薩」は念仏者にどんな態度をとるのでしょうか。

「 他力」とは阿弥陀仏のお力です。

10

【意味】 価値観や考え方、行動に関わらず、どのような状況でも臨機応変に対処するさま、 どんな状況でもその時々で最善の方法で対処するさま。 法王唯一法。 文殊の法はつねにしかなり。

「無碍」と「無下」は日常会話でも時々、耳にすることがあると思います。 また、そのさま。 阿弥陀仏がの法として選択されたなんまんだぶを称えることは阿弥陀仏の智慧をすることであり、それがであった。

2

『文殊般若経』では、真如法性の平等一相を観ずる三昧を一行三昧としている。 所謂世界衆生。

15