妥当 類語。 「穏当」の意味とは?「穏当」と「妥当」の違い・読み方・対義語・類語・英語

また、「賢明」は賢くて知識のあるさまを表現する際にも使われ、相手のことや相手の行動を褒める意味で使われることが多いです。 もっとも• ためのさま• その場だけの間に合わせ) 「おざなりな処置を行って、非難を浴びる」 杜撰<ずさん> (意味:物事がいいかげんで、誤りが多いこと。 例文1や例文2のように、適切という言葉は行動や行いを表現するときに使われることが多い言葉です。

6

ものごとや状況の実情が適切であったり、考え方や方法などに無理がないことを表す言葉です。

5

売上向上を目指し、妥当な戦略を練っている。 「存じます」の意味は「思います」「知っています」 「存じます」の意味は「 思います」「 知っています」です。

4

適切の使い方 適切を使った分かりやすい例としては、「お酒のリスクや効用を知って適切な飲み方を心掛ける」「生活習慣病の予防には、適切な量と質の食事が鍵だ」「表現が適切かどうかチェックする」「水分の適切な摂取量と飲むタイミング」などがあります。

2

。 irresponsible(無責任な)• ビジネスシーンでものごとの性質が適切である性質を持つかどうか、またどの程度持ち合わせているかを評価する時に「妥当性」という表現を使います。

19

どちらの言葉を使うか迷った場合は、一般的にあてはまることを表現したい時は「妥当」を、あることに特化してぴったりあてはまることを表現したい時は「適切」を使うようにしましょう。

18