ディープ ウェル 工法。 (ウェルポイント・ディープウェル・薬液注入)各工法の比較|ウェルポイント工法の丸山工務店【地盤改良、脱水工法、地下水位、低下工法】

下図を見てください。 ウェルポイント工法(WP工法)• まとめ 地下水低下工法における井戸方式について、不勉強ながらまとめさせていただきました。 工法概要 メリット デメリット ウェルポイント工法 地中に設置したパイプから真空の力で地下水を汲み上げる• ウェルポイント工法は、地下水の排水工法の1つです。

9

ポンプの入替、配管の復旧は、人力で容易にできる• このため、打撃工法で施工可能な現場条件であることが必要である。 管理は容易• 躯体内にウェルが入る場合、根切り完了時に吸水管を躯体外に盛替、ダメ穴を残さない• ディープウェル工法 事前排水によるドライワーク。

19

ストレーナーとは、不純物を取り除くろ過装置です。

19

揚水設備は通常、2本のウェルに対し一台のポンプ(自吸式ポンプ)を使用し、ポンプとケーシングパイプを塩ビパイプで結合し、排水管も塩ビパイプにするため、パイプの盛替及びポンプの位置変更が容易に行なえる。 躯体内に設置した場合埋殺し処理が必要、ダメ穴が残る 簡易ウェル工法 事前排水によるドライワーク。

13

実際に勉強したテキストなどはこちらでまとめさせていただいております。

8

人力作業であるため、ウェル及びポンプの設置共に容易に行える• ディープウェル工法の効果 ディープウェルを設置する場所は、後々の工事でじゃまにならない場所でなるべく掘削する場所に近いほうが望ましいです。 クレーンが必要• じわじわ上がってくる水であれば、掘削した穴に 釜場(掘削穴よりさらに深い場所)をつくってあげて、そこからポンプで水を吸い上げればよいのですが、深くて広い穴、つまり地下の工事をする場合などには、その敷地のエリア全体の水位を下げないと 釜場からの揚水だけでは対応しきれない場合があります。

17

<ウェルポイント工法の特長> 1.地下水位の低下・・・土留工事の簡素化、安全、工期の短縮、および工事費の軽減。 しかし、打撃貫入できる地盤条件は限られており、風化岩や硬質な岩盤では施工困難である。

14