ソル メドロール。 医療用医薬品 : ソル・メドロール (ソル・メドロール静注用40mg 他)

出典 [ ]. 8.後嚢白内障の患者[水晶体嚢の透過性を変化させ、症状を悪化させる恐れがある]。

2

ネフローゼ症候群• 本剤を投与する際は、本剤の投与回数や投与スケジュールについて、国内外のガイドライン等 の最新の情報を参考にすること。 一方、国内のリン酸エステルステロイド静注薬のほとんどは、NSAIDs過敏患者が反応しやすい亜硫酸塩やパラベンなどの添加物を含んだ水溶液であり、その急速投与はやはり安全とはいえない。 効能効果に関連する使用上の注意• ステロイドパルス療法 ステロイドを静脈より短期間(通常は3日くらい)に大量に投与する治療法。

19

4.ネフローゼ症候群:1).メチルプレドニゾロンとして1日500~1000mgを緩徐に静注又は点滴静注する• 肝硬変• (原則禁忌) 1.有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者[免疫機能を抑制し、宿主防御能を低下させるので、感染症を悪化させる恐れがある]。 コハク酸エステル型よりも、リン酸エステル型ステロイドをなるべく用いる。

3

ソルメドの専用の溶解液の成分は注射用水です。 内服薬のステロイドやコハク酸そのものには、反応しない。

10

大量療法やステロイドパルス療法では遺伝子を介した作用では説明ができない速さで効果が発現すること、GRが飽和する量以上投与しても用量依存性に効果が認められることから存在すると考えられている。 12).緑内障(頻度不明)、後嚢白内障(0. なお、年齢、症状により適宜増減する。

4

これから治療を検討されている方や、現在治療中の患者さんにとっても参考になれば幸いです。 5.多発性硬化症の急性増悪。 新生児 低出生体重児を含む• 詳細は省くが、現在まで判明している事実を以下に述べる。

20