ヒラマサ 料理。 【ヒラマサ】は夏の魚?旬の季節を徹底的に堪能する方法とは

台所でやる時、下に新聞紙を敷くと後の片付けが楽ちんです。

9

切り身200グラムというと、1センチ弱くらいの厚さの刺身を5切れくらいでしょうか。

14

(このとき 背びれやえらの入り口「えらぶた」で手を切らないようご注意ください!意外と、とても鋭いです) ヒラマサのさばき方2 うろこを取ったら、ヒラマサをやさしく水ですすぎます。 また、ブリは産卵期が春なので旬の季節は冬。 わさび醤油かわさびポン酢で食べるとおいしいです。

ブリマサがブリとヒラマサ、カンヒラがカンパチとヒラマサですね。 日本近海では北海道南部以南で見られる。

19

それは、ヒラマサの方がブリやカンパチよりも 脂が少なくさっぱりとしていて、それでいて 濃厚なうまみがあるからです。 反対側の身も同じようにおろす。 ここでまな板をよく洗い、ヒラマサの中と周りについた細菌や血を、身につけないようにすることは美味しい刺身を食べる上で重要です。

新鮮な状態だと身がしっかり締まっているので、もし自分で切って食べるような時は厚さを変えて食べるのも楽しいですね。 稚魚は沖合で浮遊・回遊しながら成長。