渋谷 事変。 【呪術廻戦】渋谷事変で東堂が言った「あのこと」とは何?

戦闘時、菜々子は自身の携帯電話に呪力を込めて相手を撮り、美々子はで相手の首を絞めて吊るす。 結界術によって高専の呪物などを守っている。 この術式にはレベルに緻密な呪力操作が必要で、彼の六眼がそれを可能にしている。

4

それでも虎杖は、宿儺という爆弾を抱えることは、自分しかできないことと考えていました。 あらかじめ画角内でつくった動きをトレースする能力。

20

数十匹の群れで顕現される。 「抜刀(ばっとう)」 刀身を呪力で覆い鞘の中で加速させる、正面の敵に特化したシン・陰流最速の技。

また、見た目でナメられるが嫌という理由でピアスをつけ始めた。 準1級呪術師。

11

極めて特殊な 「天与呪縛」の持ち主であり、呪力を完全に持たないにも関わらず、呪縛の強化によって視覚や嗅覚などのが呪霊を認識できるまでに鋭くなっており、呪霊を腹に入れる等、呪いへの耐性も獲得しており、戦闘に用いる呪具は、飼いならしている3級呪霊に携帯させている。 一般人 主要人物の親族・友人 虎杖 倭助 声 - 千葉繁 悠仁の祖父 にして、育ての親にあたる。 自身の周囲に術式によって現実化させた無限を作ることで攻撃を防いだり、応用してほか、やなども可能にする。

無から物体を作る術式 「構築術式」を使う。

15

美々子 …宿儺の攻撃を受ける• 一方で、入れ替え後の偽夏油の脳には生前の夏油の肉体の記憶が流れている。

13

実は偽夏油と出会った時の姿は呪胎であり、渋谷事変の最中に変態を遂げ、体表が赤く顎髭のような触腕とコウモリのような翼を持つ大柄な人型となった。

8

(東堂カッケェ~) 最後に虎杖の場所について触れていますから、この直後に虎杖と遭遇したと考えられます。 また、全員が自身のを用いる術式を持ち、さらに呪力を血液に変換できる特異体質であるため、失血死しない。 だが実際は五条のファンらしく、きつい表情の裏では間近で彼を見られたことに大興奮し、一緒に写真を撮っていた(その事に気を取られて、頼まれていたお茶を忘れた)。

11