面接 結果 遅い。 面接結果の連絡が遅い!採用担当が語る7つの裏事情

最終面接まで進んだのであれば評価は良好であることが多く、飛びぬけて悪い人は基本的にはいません。 ただ、自分ではあまり上手く出来た自信がないので、やはりそわそわしてしまいます。

1日にある中堅企業で面接を受けてきました。 この違いは私の苦い体験があるからです。

16

当日は、私以外に3名の受験者がおり、各人の個人面接を終えてから、全員で適性検査を受け、終了しました。 なぜならば、企業側は「ほしい」と思う求職者になるべく時間を与えたくないという心理があります。 意思決定者の時間が取れずに会議や承認までの時間が空いてしまうことにより、候補者への連絡が遅くなることはよくあります。

7

ただし、社長や役員がおこなう最終面接や、候補者が極端に少ない面接ではこの限りではありません。 面接官は、ふとした態度や言葉から「不採用のサイン」を出しています。

「選考結果のご連絡はいつ頃になりますでしょうか?日数の目安をお教え頂けると幸いです」「不採用の場合もご連絡はいただけるのでしょうか」とあらかじめ確認しておくと、よいでしょう。 面接結果の問い合わせなど企業とのやりとりに不安がある方は、マイナビエージェントにご相談ください。 」 面接で結果が遅い理由として、会社のトラブルによって面接の結果通知が遅れているケースは十分に可能性としてあるでしょう。

5

人材確保の時くらいスムーズに行えばいいのにと思いますね。 の記事でもかきましたが、「行動習慣ナビゲーター」のが提唱する9マスメモです。 。

7

しかし、 情報に左右されず、企業にもさまざまな事情があると考え気にしすぎないことが大切です。 面接後の結果を待つ時間ってとても長く感じますよね。

11