畑野 君枝。 畑野君枝衆議院議員の国会論戦(2016年11月18日 文部科学委員会)

山口さんは、加害者の大半を占める男性がなぜDVを起こすかについて語り、力で相手を自分の思い通りにしようとする「力と支配」の問題があると強調。 それから、きょう、いろいろないい意見が出ました。

短くお願いします。

12

2011年• 、では再選を目指し神奈川県選挙区から立候補するが党の退潮の影響を受け落選。 政府あるいは地方自治体が計画を立てていく、そのことそのものを、今ここで私の方からよしあしについて述べる立場にはございませんが、ただ、全ての児童生徒が豊かな学校生活を送ってもらいたい、また安心して教育を受けさせてもらいたい、そうした学校における環境づくりというのは非常に大事だということ、このことは基本的な考え方にあるわけでありまして、教育委員会あるいは学校が、児童生徒が安心して教育を受けられる環境をつくっていく、これに向けてやはり努力することは積極的に評価されなきゃいかぬというふうに思うんです。

7

なお、神奈川県選挙区で日本共産党の公認候補が当選したのは現時点でこの時のみである。

1

しかし、私は、早く市長を決めなきゃいけない、早く知事を決めなきゃいけないという急いで結果を出さなきゃいけない選挙と国民投票の場合、違えていいのか。 また、設置されている地域においても就学の機会が制約されている状況があります。 また、党内では参議院国会対策副委員長を務めた。

6

男性同士、女性同士の結婚を法律で認めるべきだ。 最後に、今国会において、憲法上の課題として浮上してきたものもあります。 この審査会の中でも、表現の自由との関係でどうなのだという発言が出ておりますけれども、若干違和感を覚えております。

20