ポケモン ソード ゼニガメ。 ゼニガメ

『ポケットモンスター ムーン』における、メレメレじまの試練の舞台、茂みの洞窟のぬしポケモン。 10回ほどオンラインで試して上手く動作したと書かれています。 『』及び『』ではジムリーダーのエリカがエースとして使用している。

13

キョダイマックスわざは「キョダイゴクエン」。

オーキド博士からは「しょくぶつポケモン」と紹介されている。 『』ではのゼニガメが進化して登場。

14

はそのほとんどが動植物や人工物などをモチーフとしているのに対し、コイツは集合という概念を基礎にを築いているのです。

「ゆびをふる」により、いくつかの技の中からランダムで1つを発動する。 のゲーム関連の書籍によると、ラッキーの鳴き声をテンポを上げて再生するとピジョットの鳴き声になる まで といい、少数のデータにエフェクトを加えることで別の効果音として演出していた一例として紹介された。 弱い敵はこの模様を見ただけで立ち竦み、動けない隙に捕食される。

17

すばやく移動するときは、腹を使ってカーリングのストーンのように滑る。

18

声優は。 育てるのが簡単なのが特徴で、初心者にも最適。 ただし、このサンドパンの住処はかなりの山奥で遭難の危険性が高いため、許可なく入山することは禁止されている。

4

非好戦的でおとなしい性格。 『』ではプレイヤーキャラクターの一人・ポケモントレーナーが繰り出す。 何度もやり直す リセマラする 必要は現状ありません。

17

非常に発達した聴覚を有し、1km離れた場所での針の落下音を聴き取れる。

9