ピンポン パール 飼い 方。 ピンポンパールの飼育方法 適正水温/餌/混泳/寿命などを解説!

) 透明の卵は受精卵です。

いろいろなカラーバリエーションも存在し、珍しいものではパンダ柄や出目金など、愛くるしいタイプもたくさんいます。 パールうろこの充血 ピンポンパールはパールうろこと呼ばれる特殊なうろこを持っています。 その主な症状を見ていきたいと思います。

ピンポンパールの寿命 寿命は5年程度ですが、うまく飼育すれば10年近く生きることもあります。 そのため、まったくの初心者の方の場合、最初は他の金魚を飼育して慣れてからのほうが無難かもしれません。 アクアリウムの専門店などではなくホームセンターなどで購入する場合は入荷したての場合は輸送のストレスなどで弱っている場合があります。

15

(何もなければそのままに下にばら撒いている場合もありますし、産卵床をいれていてもやっぱり卵をばらまいている場合もあります(笑))その後、水が白く濁ったようなら、ちゃんと有精卵になっている受精した卵もあるでしょう。

16

他魚や金魚で 泳ぎが早い飼育魚と混泳すると、餌がピンポンパールに上手く行き渡らない可能性があります。

5

葉の柔らかい水草は食べられてしまうので、葉の硬い水草などがオススメです。

14

体の丸さは遺伝によるので、最初から丸っこい個体を選ぶようにしてください。 代表的な種類では、オレンジ、白、赤、紅白、虎柄、フナ柄、パンダ柄、三毛、の特徴を持った個体がいます。

4

生まれてから早ければ2年くらいで そのくらいの大きさになりますが、エサが少ないとなかなかこの大きさにならないですね。

11