清宮 幸太郎。 清宮幸太郎は3年目も村上宗隆に完敗。“ライバルの姿”が成長のヒントになるはず(THE DIGEST)

高校時代に「次」を見据えて野球に取り組むなら、清宮が自ら進んでやるべきことは「甲子園出場を目指すこと」や「通算ホームラン記録を抜くこと」以外にあったように思う。 180 111 20 2 2 31 12 1 0 0 一塁. その影響もあって清宮選手自身も、幼稚園から小学5年生まで習字を習っていたそうですよ。

4

履正社から清宮と同じ2017年ドラフトでロッテに1位入団した安田尚憲内野手は今、チームの若き主砲として活躍中。 守備に関しては改善の余地がまだまだありそうです。

9

野球はその一つだった。

17

時に本人に直接言うよりも、メディア経由で伝えたほうが効果的なこともある。

4

(日刊スポーツ) 栗山監督は結果を恐れずどんどん強くバットを振れ、と言っているわけですが、実戦で迷わずフルスイングできるようになるまでは、それなりの経験と技術、体力も含めた実力が必要だと言います。

どっちが正しいのか判断する術は我々ファンにはありませんし、もしかしたらプロの野球関係者にもわからないかもしれない。

打数は一緒なんですね。 場合によっては彼と心中することでシーズンを棒にふるぐらいのことはあるかもしれない。 だが、プロ野球選手としてそれがプラスであったかどうかは、にわかには断定できない。