卓球 フォア ドライブ。 卓球フォアドライブの威力を出す!肘や肩の使い方がポイント

このスピードドライブを決定打にして、試合を組み立てる選手が一般的です。 卓球の試合で勝ちたい方は、必ずフォアドライブを覚える必要があるので、ミスを減らして安定させるために、この記事に書いてあるコツをしっかり意識して、練習に励みましょう!. なぜ、ドライブを安定させる必要があるのかというと、 私が市内のオープン大会を見て思うことは• スイングスピードが速いとスポンジが硬くてもボールを食い込ませることができ、スピードのあるボールを出せるので硬いラバー、遅いと硬いスポンジだとうまく食い込ませられずボールを飛ばすことができないので、柔らかいラバーをオススメします。 バックスイングで、右にひねった腰を戻すようにして打つことがコツです。

17

これが 難しいかもしれません。

ドライブができないと強い選手にはなれません。 この二つを頭に入れながら微調整していくことが重要です。 Q こんにちは、シェークハンドでピンポン がんばっています。

コントロールは、ラリーを繰り返す中で覚えることができます。 まずはツッツキ 下回転 に対してフォアドライブを打ち、ブロックしてもらいます。

フォアドライブとは フォアドライブは、卓球の試合で 最も多く使われる攻撃の技術です。 このように、フォアハンドを打った後は、ラケットを直線的に戻します。 最新打法!右肩を前に出すようにスイング 最後に、ドライブの最新打法を紹介します。

6

3球目で上回転に対してフォアドライブを打つためには? 3球目で上回転に対してフォアドライブを打つためには、まず相手のフォア前にナックルサーブか横上回転サーブを出しましょう。 ドライブ攻撃が決まっているようには見えない。

20

バックスイングで右足に体重を乗せて踏ん張り、床を蹴るようにしてドライブを打ちます。 下半身の力を最大限に活かす 威力のあるフォアドライブを打つには、下半身の力を最大限に活かすことが非常に重要です。 なぜなら、体を左方向に開くように打つからです。

19

特に、下回転のボールに対しては、この位置で打つとドライブの精度も上がります。

20

ストップに対してさらにストップをされたら、再度ストップをしてフォアドライブの機会を作るか、フリックで攻撃をしましょう。