山形 新幹線。 山形新幹線に新型車両「E8系」 2024年春より順次投入

開業後、各踏切は他の在来線にはないゲート状の大掛かりなものに改良されている。

20

に廃車された。

12

122• 地元が必要と思うものを地元の資金で建設するという画期的な形式での新幹線整備であったが、 この方式で建設されているのは2012年時点ではこの区間のみである。 標準軌在来線用機関車 [ ] いずれも、後継の除雪車両(保線用ENR1000型)の導入により2007年度(2008年春)を以て引退している。

12

過去の配置車両 [ ] 新幹線直行特急用電車 [ ]• 観光列車「とれいゆつばさ」編成 1000番台と2000番台の使い分けはなく、共通運用となっている。 2026年度(令和8年度)末の完成を予定している。 秋田新幹線向けに類似したデザインながら、先頭形状の見直しなどによりE6系より多い編成定員355名を確保する。

1

秋田県が3月に策定した「あきた21総合計画」第2期実施計画では新幹線延伸について、沿線市町村の積極的取り組みを前提に、JR東日本、山形県との協議を踏まえまでに着手すると謳ってはいたものの具体的な道筋は示していなかった。 そのため2004年の山形車両センターへの区所名変更までは「電車区に気動車が所属」という珍しい現象が起きていた。

18

4万人である。