赤ちゃん 鼻くそ とり。 鼻掃除を全力拒否するあかちゃんの姿にママたち共感

コツは綿棒を湿らさないこと、綿棒を回転させながら当てることです。

1

そのため赤ちゃんの鼻くそが気になっても無理やり取らずにくしゃみを待つか、こよりでくしゃみを出させる方法がもっとも安全です。 鼻の穴が大きく広がるくらいまで突っ込んで、奥にある鼻くそを取ろうとします。 「鼻くそのせいで、息ができなくなってしまったらどうしよう?」それはもちろん、心配です。

16

風邪の後など鼻水が続いた後は耳を痛がっていないか、耳垂れがないかもチェックしてみてください。 上記の事前準備をすることで、鼻くそが柔らかくなっていますが、状況に応じてベビーオイル等を使ってあげましょう。

2

うちもそのくらいの月齢の時「ブヒーブヒー」ってまるでブタのような寝息を立ててました。 鼻の入り口にある鼻くそはこまめに取ってOK 朝起きた時、お昼寝から起きた時など、赤ちゃんの鼻の入り口にはよく鼻くそがついていますよね。 いつも一緒にいて、普段の様子を知っているのは、他でもない、母なのですから。

16

私も手前の鼻くそは抵抗なかったですが、奥に詰まった鼻くそは鼻の奥を傷つけそうでこわいと感じていました。

15

爪や手で鼻にダメージを与えると、 鼻血の原因になり、死に至っているケースもあるんです. めん棒を、鉛筆を持つ要領で持ち、 先端部分だけを入れて、浅い部分の掃除をします。 吸引機も使いやすいので、必要に応じて取り入れてみてはいかがでしょうか。

17

でも慣れて出来るようになると、ママの精神的にも1つ自信がつきますから 笑 、頑張ってやってみてくださいね。 まずは小児科を受診しましょう。 ふと赤ちゃんの鼻の穴に鼻くそを見つけたら、つい取りたくなりますがカピカピのものはだいたい何やっても取れません。

1

もし、つまっているようでしたら、薬局等のベビーコーナーに売っている 吸い出す器具が良いですよ。

18