デモンズ ソウル ps5。 【ネタバレ注意】PS5リメイク版『デモンズソウル』楔の神殿に集まるNPCをPS3オリジナル版と見比べてみる

が この人は穴に落ちて落下死したようだ。

18

ハイエナのパッチ PS3オリジナル版 PS5リメイク版 坑道2での出会い(PS5リメイク版) プレイヤーを罠にはめようとしてくる胡散臭さ全開の男。 短パン一丁で火防女にフランクに話しかける主人公。 CERO D(17才以上対象) 発売元 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント• 髪型や顔は割とPS3版と近しいものを感じますが、身なりはかなり変わっています。

強化に関してはストーンファング坑道のエドを頼ることが多くなりますが、修理はボールドウィンによく世話になっていた、という方も多いのでは。 瞬時にワープ(この間、約3秒)! オンライン要素の進化ポイント 『デモンズソウル』といえば非同期型の協力要素が特徴で、ほかのプレイヤーの死因が見られる血痕や、同じダンジョンにいるプレイヤーの行動が垣間見える幻影、助言などのメッセージが置けるといった機能があった。

ただ、生死を分けるような局面では不要に感じることもあると思う。 ただその感触がそこまで感動的かというと、正直に言ってしまうとそれほどでもない。 上記のスクリーンショットはPS3版『デモンズソウル』のビジュアルアートを真似てみました。

ちなみにPS5版では、楔の神殿の外にいる場合でもインベントリから袋へアイテムを送ることができるようになりました。 ドローンのごとく、カメラで曲がり角の先を索敵……! 姑息な手段だが実用的。 さらに、コントロールセンターからエリアを選択すると、どこからでもそのエリアにワープできるという機能もある。

15

全体的には、『デモンズソウル』そのものの魅力が味わえるだけでなく、豪華になったグラフィックなどにより、もはや新作タイトルと言っても過言ではないくらいのリメイクとなっている。 読者の皆さん的にはどうでしょう?個人的には、ユーリア以外は大満足という感じですが。 シリーズ作品をやりこんだ人にとっては今更マンイーターなど驚く相手ではないでしょう。

19

これから遊ぶ人はもちろんのこと、オリジナル版をプレイした人も十分に新鮮な気持ちで遊べることは間違いない。 閲覧にはご注意ください。 これから『デモンズソウル』をはじめてやってみようかなと思っている人にとって、現在の環境は作品の楽しみを100%引き出せるものではないでしょう。

11