抵当 権 抹消 手続き。 【抵当権抹消手続き】を自分でしてみたら簡単だった。

しかし今回の記事で紹介した通り、もしものことがあった場合に備え手続きは早めに済ませましょう。 不動産を担保にできない 基本的に、抵当権が付いている不動産は、抵当権者に権利があります。 そのため、銀行などの金融機関で住宅ローンを組む際などには、必ず抵当権設定の登記を強制されます。

18

金融機関から必要書類を受け取る• 抵当権設定時から住所や名前の変更がある場合 抵当権が発生した時点から現在までの間に、 不動産の名義人の名前や住所が変わっている場合には、住民票や戸籍謄本が必要になります。 また、住所変更登記には、登記簿に記載されている住所から現在の住所に至るまでの過程を知るために、住民票か戸籍謄本を取得する必要があります。

6

自分で抵当権抹消をするのが面倒だと感じる方は、司法書士に依頼した方が良いかもしれません。 本記事をお読み頂くと、以下の事が主に理解できます。

2

まずは、ローンを完済したときに金融機関から送られてきた以下の書類が、手元にあるかどうか確認してください。

2

自分で手間をかけて登記申請書を作成する必要もないですし、仕事を休んで法務局へ出向く必要もありません。 上記の 書類で記入が必要なのは、抵当権解除証書と委任状です。

14

依頼先を絞り込んだら、相談の予約をしてから事務所に行くようにしてください。 しかし放置していると、あとで問題が発生します。

登記済証または登記識別情報• 15,000円程度が相場だと言えます。 wc-shortcodes-button-danger:visited,. 抵当権抹消登記が必要な場合は住宅ローンを完済した場合のほか、不動産を売却したときも抵当権抹消登記の手続きが必要です。

8