番長 3 ベル モード 移行。 「押忍!番長3」ゾーン狙い・規定ベル回数・モード移行率についての考察(4/14追記・更新)

商店街(夕方)かなりの確率で引き戻し特訓に移行するため、ここをやめ時にはしないでくださいね。 ART終了後もベルモード等を引き継いでしまうので、 ART抜け後一回目のベル対決は無視しましょう。 もし初心者の方だったら、とても覚えきれないですよね? それだけ シビアな判別をしないと普通に打ってるだけじゃ判別つかないって事です。

14

さらに60回以降の対決は中対決以上が確定になります。

6

対決連チャンループ率が低い• また奇数設定は対決連でのループがしやすく、その分通常Aへの移行振り分けも多いのが特徴ですね。

8

弱対決・中対決はベルやレア役を引けないと、なかなか勝利に結びつきませんので、違和感のある勝利はカウントしておいてください。 4) ですので、他の判別要素と照らし合わせながら、カウントしていくというのが基本になります。

10

豪遊閣ステージでは頂ジャーニー(ART)の継続確定と、対決間規定ベル天井回数が最大7回に短縮されるという恩恵があります。 こちらで合っているかわかりませんが強制逆転とart期待枚数について質問させてください。 このエフェクト変化ですが、ベル回数10回や20回で発生すると 通常Bモード滞在の可能性が濃厚になります。

1

ただ、対決のごく一部で勝利確定の対決(確定対決と呼ぶ)が選択されることがあります。

また、前回のモードが通常Bやチャンスモードっぽい場合も、ベル7回消化してヤメにした方が良いかもしれませんね。 しかし、まだ台移動できる状況下であれば、 可能性の高い台を追って早く動いたほうが有利になりますので、設定推測のヒントを増やして設定4以上の可能性が薄いと分かったら、早くヤメるべきなんです。 ここまでご覧いただいて、 結局どれが一番大事なの?ってなった方もいると思います。

17