オグロ コンニャク ウオ。 ツバメウオ

2m、体重約500kg。 海・生命の進化 生体3種類 オウムガイ スポッテッドラットフィッシュ ヌタウナギ 親潮アイスボックス 生体31種類 標本2種類 アカゲンゲ アカドンコ アバチャン イヌゴチ イバラガニモドキ ウラナイカジカ オオグチボヤ オグロコンニャクウオ オシロイイバラモエビ キチジ クリオネ コオリカジカ ゴカクエゾイバラガニ コブシカジカ ザラビクニン ダイオウキジンエビ タマコンニャクウオ タラバガニ ダルマコンニャクウオ ツノモチダコ ツヤモロトゲエビ ニュウドウカジカ ハゴロモコンニャクウオ ヒメコンニャクウオ ベッコウタマガイ ベニオオグモ モロドケアカエビ ヤイトゲンゲ ヨコスジクロゲンゲ ラウスツノナガモエビ ラウスブドウエビ 標本2種類 ビクニン ガラス海綿 大陸棚から深海へ 生体23種類 標本1種類 生体 エビスダイ オオエンコウガニ オオグソクムシ キアンコウ ケガニ コツノガニ ゴトウホンヤドカリ スミレダコ ズワイガニ ダーリアイソギンチャク ダイコクサギフエ タカアシガニ テナガオオホモラ テングトクビレ ナガツカ ナヌカザメの卵 ニセナメトクビレ ハシキンメ ボタンえび ホテイウオ マルアオメエソ ミズダコ ヤナギダコ 標本:ラブカの卵 シーラカンスの世界 標本2種類 アフリカシーラカンス インドネシアシーラカンス この情報は、訪問時に数えたもので、現在見られるかどうかはわかりません。

20

そして、日本全国で10館目の水族館として 、オホーツク水族館がに開業した (初代館長は、前網走市助役の南部正 )。 1981年にオットセイ館が 、1986年にラッコ館が 、それぞれ開館している。

16

ヒガシコンニャクウオ Careproctus melanurus• 館長の本間保はクリオネ商品について、「網走の知的財産として利用が期待される」としている。

17

カンテンウオ属 Nectoliparis(1種)• 水族館は商標にも力を入れる。

9

もっとも、クサウオの仲間は研究の途上にあり、今後新種なども出てくるものと思われますが。

15

さらに、 タカアシガニにいつでもさわれる「タッチングプール」など見どころ満載! 36種約160点の深海生物を見ることができます。 (財)オホーツク水族館の清算人は、オホーツク水族館の施設を関西梱包(株)(本社・奈良県大和郡山市、鴻池治夫社長、資本金1,000万円、従業員75人)に2,500万円で売却する契約を結んだ。

5

さらに1990年11月28日にもラッコの仔が2頭誕生し 、翌1991年5月4日にラッコの命名式が行われ、「コッキー」と「マリー」に決まった。 インキウオ属の1種( Paraliparis antarcticus)。

ヒレグロコンニャクウオ Careproctus marginatus• また、この仔ラッコの話は『がんばれ!赤ちゃんラッコのラリー』という児童本に書かれ、また数年後には、絵本『おおきくなれ!ラリー』にも描かれた。 人気にあやかって、、水族館とは共同で同所製の「クリオネグッズ」を売り出している。