地 這い キュウリ。 地這いキュウリの育て方を徹底解説!

なので、 5節ぐらいで摘心して5本の子蔓に期待する栽培法が宜しいかと。 こういう時は摘葉を行って株に養分と水分が行きわたるようにしてやりましょう。

7

その結果、キュウリの根は天候による過乾や過湿の影響を受けやすくなり、生育障害や病害虫の発生原因となります。 すぐに実が大きくなってしまう きゅうりの実が大きくなるのは早く、農家では1日に2回収穫しているほどです。 放置しておくと次々と数が増えて葉をボロボロに食い荒らしてしまいます。

14

雨による泥はねからの感染が主なので、マルチをしていると被害は軽減される。 場所を取らず、 ビニールハウスでも何百本も植えることができ、 湿度に弱いキュウリの風通しを良くさせ、早くから収穫できる為です。 子蔓の方が雌花つきやすい。

植え付け方のコツとポイントをレクチャーします。 キュウリの摘葉のタイミングは株の成長を見て判断するようにします。 水分不足になると曲がり果が多くなるので、こまめに水やりをします。

10

節が6~7節(葉の数)になったら親づるの先端を摘心しましょう。 ・管理 一般的なキュウリの栽培では、植え付け時に支柱を立て、 伸びたつるを絡ませて育てていきますが、 ときわ地這いは、スイカやカボチャのように地面に這わせて育てます。

行灯 キュウリの仕立て方 キュウリ栽培をはじめる際に最も混乱するのは、キュウリの仕立て方に関してです。

20

水はけをよくします。

8

その大きさは、直径50~90cm、高さは地面から15~20cm程度の丸形が理想的です。 病気かな?と思った葉っぱは、すぐに刈り取って燃やしてしまいましょう、おさまらない場合は嫌かもしれませんが薬品を使うしかありません。

15