シビリアン アストレイ。 【通販】【中古即納】[箱難あり][PTM]HG 1/144 シビリアンアストレイ DSSDカスタム 機動戦士ガンダムSEED(シード) C.E.73 STARGAZER(スターゲイザー) プラモデル(0148833) バンダイ(20070210)

2 DESTINY MSV編』ホビージャパン、2006年3月31日初版発行、166-171頁。

12

オーブにおける局地用制定カラーリングとなっている青色で塗装されたフレーム部分をもつことから 、と誤認されることも多かった。 それまでナチュラルでは鈍重で不安定な歩行をするのが精一杯だったM1アストレイは、完成したOSを搭載したことにより他国のMSを上回る機動力をナチュラルでも充分に引き出せる機体として完成した。 他にも『』『DESTINY ASTRAY』『C. 商品情報 [ ] 話題まとめ [ ] 資料リンク [ ] リンク [ ]• また、『』劇中では、 PMC に所属する「ウォーサーフ」ことレオンズ・グレイブスの愛機として登場している。

2

ホビージャパン誌2004年10月号及び「ガンダムSEEDモデルVOL. なお、色の違うだけのグリーンフレームは「グリーンフレーム用塗装キット(迷彩型紙付き)」が発売されているのみ。

終盤の排除と阻止に向かったアークエンジェル率いる第2宇宙艦隊にもムラサメとともに配備され、戦闘に参加している。

6

備考 [ ] 本機がアニメ本篇に登場した経緯については、第1クールOPにレッドフレームが登場したのがきっかけだと、千葉智宏による『SEED ASTRAY』の小説2巻あとがきで語られている。

との活躍はコックイラではが出来るほど広まっている。 に参加していた。

機動力以外には、頭部の統合情報インターフェイス複合体(いわゆるV字型アンテナ)の大型化によって通信能力が強化されている。 さらに両肩上に可動式アーム保持で、ストライクと共用のアストレイ用ABC盾・ガトリング砲・さらに2機のベクタードスラスターを合体させた機構を、左右1機ずつ計2機を装備。

10