猫 毛色 種類。 【画像で分かる】猫の毛色×模様(柄)全種類まとめ!

そんなスフインクが、関連記事に詳しい記事があり合せてご覧ください。 淡い色合いになると「薄サビ」、しま模様が全身に入ると「麦わら」とも。 黒猫は、人懐っこくフレンドリーな性格をしているので、高貴なイメージとは異なるところが黒猫の魅力と言えるでしょう。

専門的には「ブルー」と呼ばれることが多いようです。 白(ホワイト) あなたも知っている 白猫のことです。

2

ミケ(トーティー&ホワイト) 白がメインで、黒とオレンジが飛び飛びに体に見られる毛柄です。 自然界では目立たない毛色なので、警戒心は弱いです。 例えばブルー・カラーは劣性遺伝なので、両親ともにブルー・カラーの遺伝子を持っていないとブルーの子猫は生まれない。

13

性格は、一概には言えませんが、断言していえるのは あなたの生活環境とあなたの猫に対しての接し方! で、変わってきます。

12

シルバーをベースとした毛色に、 黒の縞模様が入っています。 頭からしっぽにかけて、まばらにあらわれる毛柄から「飛びミケ」とも呼ばれています。 それにホワイトが組み合わさったのがブルーパッチドタビー&ホワイトです。

カラーポイント. 毛の根元から毛先に向かって徐々に濃い色になります。 チョコレートポイント&ホワイト以外にも、シール、ブルー、レッド、ライラック、クリームポイント&ホワイトなど様々なタイプがあります。 シェーデッドは毛先から約2分の1~3分の1ほどに色がついています。

12

まだまだ、こと細かく分かれるのですが、それは「猫の柄」でご紹介していきますね。 バイカラー 体の約3分の1~2分の1が白で、四肢や腹部に多くの白い被毛が入っているものが多いとされています。

6