瀬尾 まいこ。 作家・瀬尾まいこインタビュー/人生の扉をたたく、20年目の青春小説|集英社文芸・公式|note

「親子」の強く確かな絆を描く表題作。 blog-credits a:hover, infinite-footer. 書かない生活は想像できないというか、書かないとやっていけない……あ、そんな内田裕也さんみたいなカッコいいことをいつも思ってるわけじゃないですよ!? でも、1週間書くなと言われたら、むずむずしそうな気はします(笑)。 寄せ集めの6人は県大会出場を目指して、襷をつなぐ。

10

彼女はまだ2歳にもならないくらいの、小さな子ども。

1

瀬尾 自分の殻に閉じこもっていたので、社会を知らないから成長もできず、結局大人にもなれていないんですよね。 【関連記事】 駅伝大会出場を目指す選手たちの青春物語 『』 新潮社 駅伝大会を目指す中学生たちが奮闘する青春ストーリー。 2011年の退職までは、中学校で国語教諭として勤務する傍ら執筆活動を行っていた。

20

jp-relatedposts-post-nothumbs a. has-ex-b-border-color::before,. 印象的な言葉が浮かんだ瞬間、自分でもワクワクするんですよね。 Q2 「愛情を注ぐあてがあるのは幸せ」とは? それは最初、教師体験を通して実感した想いです。 『Teen Age』他6名との共著。

3

互いの事情を知った二人は少しずつ相手を気遣うように…。 二次試験のときに結婚し、思いがけず自分の子どもができて、結局、保育士としては働いていません。

10

ルイーズ吉田という占い師の日常に寄り添った、少し不思議な相談者との経緯をまとった温かな4編が描かれています。 2001年『卵の緒』で第7回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、これが翌年単行本デビュー作となる。

6

5 ,only screen and min-device-pixel-ratio:1. 2 ;border-right:4px solid rgba 255,255,255,. 「それで、PMSで婦人科に通っているママ友から、イライラを抑えられずに夫に物をぶつけたりするなどと、大変そうな話を聞いてたんです」 恋愛も友情もないけれど、助け合う二人。