レイカーズ 対 ピストンズ。 1990

チームはセルティックスと見られていたが、バードは自分の故郷のインディアナで指揮をとりたいと、ペイサーズのヘッドコーチに就任した。 はコービーがわずか6試合、ナッシュが15試合しか出場にできなかったこともあり、ロサンゼルスにフランチャイズ移転以降初めて30勝以下となる、27勝55敗でシーズンを終えた。 ワールド・プロフェッショナル・バスケットボールトーナメント優勝:1946年• そのぐらい全試合の内容が酷いです。

15

(1979-91) 優れた得点能力とリーグ屈指のディフェンス力で強豪を支えた。 プレーオフでジョーダンの前に立ちはだかったのは彼と同世代の率いると、率いる76ersだったが、ブルズは問題なく両チームを片付け、そしてようやく長年の雪辱を果たす機会をカンファレンス決勝で得た。 オニール退団後の数年は、コービーはスコアラーとしての能力を存分に発揮したが、チームとしては低迷していた。

31 リバウンド: 11; 10 アシスト: 他 3 ピストンズ2-1レイカーズ ピストンズの強力ディフェンスがレイカーズを圧倒し、レイカーズのファイナルフランチャイズ最低記録となる68得点に抑えて勝利した。

8

G - ,• 2016-2018:コービー引退後 [ ] 2016年4月24日、レイカーズはバイロン・スコットの次のシーズンの契約オプションを行使しないことを発表した。

との間でトレードが成立し、ラプターズは、らを、グリズリーズはらをそれぞれ獲得した。 他のヤツらは違うように感じるかもしれない、ウォリアーズの連中もな。 その後はウォージーも引退し、1990年代中盤頃には、、や、、、など、好選手を多く擁した布陣を敷くが、プレーオフを勝ち抜くには至らなかった。

12

試合は107-86でブルズが圧勝。

12

最後の闘争とその死 [ ] 晩年のマイカンは腎疾患とに苦み、彼のバスケットボール人生を支えた右足も切断された。 マジックジョンソンはスーパースターへの道を幼いころから歩みつづけ、ラリーバードはスピードもなくジャンプ力もなくとてもNBAでは成功しないだろうと言われていた。

14

孤高のスーパースター [ ] マイカンは初期のNBA発展に大きく寄与した。

2