一 蓮 托生 と は。 一蓮托生(いちれんたくしょう)とは何? Weblio辞書

「いちれんたくしょう」は、もとは仏教用語で「 死後、極楽の同じ蓮華(れんげ=ハスの花)の上に生まれ変わること」を意味します。 あなたが入院した時、どんな患者さんでいるつもりですか? 【オマケ】 いつもご愛読下さいまして、ありがとうございます。 本当に仲むつまじい夫婦の間柄を表す言葉である、そのような味わいを頂ける言葉である、というのが、この「一蓮托生」の意味であります。

6

「一蓮托生」の使い方 最後に、「一蓮托生」の使い方を例文でご紹介します。 夫婦や親子のように縁の深い者同士が運命共同体と共に生きることをあらわすほか、結果や善悪にかかわらず最後まで運命を共にするという場合にも多く用いられます。 自分の悪いところを周囲のせいにしちゃダメだよと教えてくれてる。

6

にを積んだ者はにへ、座にというを、一蓮托生といった。 そして、その蓮の花の中にはソウルメイト(運命の人)も共に戻ってくるのだということを言っています。

4

たとえこの世で会えなくても、死ねば浄土でまた遇えるから。 How to write kanji and learning of the kanji. 生まれて間もないお釈迦様が歩いた足跡からポユポユ咲き出したのも蓮の花だと言われています。

6

仏教語・仏教用語としての一蓮托生の使い方 仏教語・仏教用語としての「一蓮托生」は、なんとも救いのある言葉である味わいがあるものです。 まとめ 倶会一処(くえいっしょ)とは一蓮托生と同じ意味で、 死んだ後にの浄土で再会することを言います。

16

信頼できる人と一蓮托生の関係が築けると、成功の可能性が広がる 一蓮托生は仏教用語から来ていますが、人間が生きていく上で大事な人間関係を表している言葉であり、 それほどまでに深く付き合える周りの人間がいると人生が豊かになりそうですね。

13

悲しいことや嬉しいことを共有しながら、お互いに命を預けるといったニュアンスです。 転じて「最後まで行動や運命をともにすること」という意味で用いられます。 いつになるかわからないけれども、後でやってくるであろう連れ合いが困らないように、蓮華の台の上で、きちんとその人の場所をあけておく。

16

行く機会があった際には意識してみてみると仏教の世界を少しイメージしやすく、とっつきやすくなるかもしれません。 しょうがない、一蓮托生だね。 理由は主に3つ。

16

浄土教・浄土仏教の教えでは、浄土に往生した時、蓮の上に産まれると言われております。 このチームで後半年、一蓮托生で優勝を目指す。 さて、仏教ではどうして蓮が大切に扱われているのか、ここで勉強しておいてください。

13