さいたま 市 北 区 ハザード マップ。 埼玉県さいたま市北区櫛引町のハザードマップ【地震・洪水・海抜】

都市計画 防火地域、準防火地域、高度利用地区、駐車場整備地区、風致地区、その他地域地区 R2. なお、 荒川の想定最大規模のシミュレーションについてはで確認できます。 荒川知水資料館 改定履歴 改定年月 内容 平成14年4月 北区洪水ハザードマップ 平成20年5月 東京都北区洪水ハザードマップ ~荒川がはん濫した場合~(表面) ~隅田川・新河岸川・石神井川・神田川がはん濫した場合~(裏面) 平成29年5月 東京都北区洪水ハザードマップ ~荒川が氾濫した場合~浸水深改定版(表面)• 居住用物件を購入する際は、必ずその地域の「」を確認し、事前に災害リスクを把握して大切な命を守りましょう。

9

一社だけでなく複数の会社に見積りを依頼する手法を相見積りと呼び、施行会社選びの判断材料にします。 芝川洪水ハザードマップは、100年に1回程度の大雨(2日間総雨量411mm)を想定し、水位が上昇し、堤防が決壊または堤防から越流した場合や流域内の地形条件などにより内水氾濫した場合に想定される浸水の状況をシミュレーションに求めた浸水想定区域・避難場所などを示したマップです。 (2)確認したいハザードマップ名称と同じ行にある「地図表示」ボタンをクリックしてください。

11

鴻沼川の氾濫状況(Twitter最新情報) 鴻沼川の氾濫・決壊状況を Twitterの 最新情報を元に、時系列で現在の状況を お届けします。 各市町村の取り組み状況につきましては、各市町村へお問合せください。 区政資料室(北区役所第1庁舎1階)• 3,274• 浸水(内水)防災マップにおける浸水想定区域とは 内水により、浸水が想定される区域のことです。

6

隅田川・新河岸川・石神井川・神田川がはん濫した場合 隅田川・新河岸川・石神井川・神田川がはん濫した場合に、区民のみなさんが自主的に安全かつ円滑な行動を取れるよう、東京都のシミュレーションに基づく浸水予想想定区域およびその深さ、避難時の心得、地下埋設の危険性、気象情報等のありか、雨量の感じ方などを記載しております。

(新しいウィンドウで開きます)• そのため、本ページで示す洪水ハザードマップは、令和2年8月28日に「宅地建物取引業法施行規則の一部改正」に伴い、不動産取引時において説明が必須となった、洪水ハザードマップになります。

11

過去に市民の皆様から通報があった浸水情報をもとに、地形情報を考慮して、 想定される浸水の深さにより区分し着色しています。 平成23年10月に公表のマップでは、平成13年度から平成22年度の10年間の浸水 情報をもとに浸水想定区域を作成しました。 このマップを区民の皆さんに全戸配布しましたので、まずご自分のお住みの場所をマップに記入して頂き、いざという時に備え、日頃から避難所、避難経路、家族の連絡先、避難時の心得などを、このマップをもとに話しあっていただくとともに、もし、避難準備、避難勧告が発令されたときは、このマップに基づき早めの避難をお願いします。

14