ケン ジャパン。 製品情報

サイズを抑えることによりさわやかなイメージを出した。 各所にインフィニティのデザインモチーフや歴代スカイラインのモチーフをあしらい、フロントのデザインはを連想させるようなデザインになっている。 ケンメリ同様、ワンテール化やライト、グリルの移植が流行していた。

11

(ユーザー所有のR34GT-Rを工場に持ち込みチューンする「パーツコンバージョン」は1,312万5,000円。 なお、この車両は近藤が購入後、日産から正式に生産証明を与えられ、ナンバープレートを取得して公道走行可能な状態にされている。

5

同時にノンターボの「2000GT-E」、「2000GT-E・S」が廃止となる。

14

5Lを主力とした。 もちろんコアなチューニング好きに、内に秘めるエンジンパワーをしっかり受け止めるために外装に大幅なモデファイが加えられることも多い。

4ドアセダンのGTターボは交通取締り用のとして前期型50台が導入され、その後に後期型も少数ながら、埼玉や和歌山などの高速隊で導入されている。 Z18型エンジンを搭載する。

6

市販モデルではフロント周りを見直されている。 ターボ・チャージャーのタービン素材に軽量なセラミックを採用しターボラグの低減を図った「セラミック・ターボ」を採用している点が特筆される。 」に変更となった。

16

スタイリングは先々代を踏襲した先代から一変し、R31回帰ともとれる直線基調・ハイデッキのウェッジシェイプだが、R32で認知を得た若年ファン層の反響は渋かった。 N耐参戦ベース車である「Vスペック N1仕様」は、カーボンセンターリヤスポイラー 角度調整機構付 、カーボン製アンダーカバー、メタルタービン、空冷式エンジンオイルクーラーなどの専用装備を持ち、軽量化として助手席エアバッグ、エアコン、オーディオ、集中ドアロック、リヤワイパーなどが省かれている。

4

この約束をカルロス・ゴーンは果たしを2007年10月24日第40回東京モーターショーで量産型を発表し2007年12月6日に販売されることとなる。

19

また、2000TIのスポーティグレード「ES」はリアサスペンションがセミトレーリングアーム式独立懸架となり、4輪ディスクブレーキを装備するなど4気筒エンジンながらGT系に匹敵する高度なメカニズムを持つ。