青梅 鉄道 公園。 青梅鉄道公園 | Ome Railway Park

寺澤秀治 写真、斉藤博貴 構成「 全国博物館巡り 第3回 東京・青梅鉄道公園」• 屋内には、Nゲージコーナーなどがある。 1回100円。

10

秋は観光者が多くなるため時間の余裕を持って行くのが良いだろう。 煙を吐く煙突も、煙突の高さを低くしてありますが、車体が大きすぎるのも問題ですね。 その他気付いた点など 青梅鉄道公園には、有料の乗り物系以外には、普通の公園にある様なすべり台などの遊具はありません。

青梅駅から青梅鉄道公園までは徒歩15分ほどだ。

15

ただ、座って食べるスペースはたくさんあるので、お弁当持参がおすすめです! スポンサードサーチ 感想 青梅鉄道公園に行くまでの坂道はちょっと大変でしたが、息子が大喜びだったので行ってよかったです。 わからないことを質問すると、詳しく教えてもらえたのでじっくりと見学ができました。 たくさんあってびっくりです! もちろん、きちんと管理されているので、状態もいいです。

8

以前は展示してある公園という感じでしたが、お子さんづれが楽しめるみに機関車などのアトラクションができていて、ちょうど近所の遊び場のように楽しめる場所になっていました。 - 本館1階にある鉄道模型ジオラマの製作を担当した。

15

電気で動くので、このミニSLは煙を吐きませんでしたね。

15

なんと 蒸気機関車8台+電気機関車2台+ミニSL2台。 クモハ40の横には信号機が設置しており、ボタンは押し放題でしたよ笑 そして、最後は団子っ鼻の0系新幹線も展示してありましたよ。 こちらのレトロな列車は、クモハ40形式電動車です。

16

上演時間以外では、100円を払い自分で操作することができる。 週末や夏休みなどのシーズンでは、家族連れのお客さんが多いので早い時間に出かけたほうがいいと思います。

5