武蔵 の 国 と は。 无邪志国造

これは膳大伴部の在地統率氏族である膳大伴氏(かしわでのおおともうじ)の異表記である。 新方領 - 埼玉郡 29• (842年〈承和9年〉8月11日 任)従四位下、『続日本後紀』。 1871年末の国郡 畿内: ・ ・ ・ ・ 東海道: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 武蔵 ・ ・ ・ ・ 東山道: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 北陸道: ・ ・ ・ ・ ・ ・ 山陰道: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 山陽道: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 南海道: ・ ・ ・ ・ ・ 西海道: ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ : ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ---[1872年9月] へ 1871年末の府県 入間県 埼玉県 東京府 神奈川県 (開拓使:1872年9月) へ 2013. 『』() - 「多磨郡吉富に一宮」の記述。

17

姓も「君」で、東国において強力な実権をにぎっていたものとみられる。 当初、豊島、荏原(えばら)、橘樹(たちばな)、久良岐(くらき)、都筑(つづき)、多摩、足立、入間、比企、横見、埼玉、大里、男衾(おぶすま)、幡羅(はら)、榛沢(はんざわ)、那賀(なか)、児玉、賀美(かみ)、秩父の19郡から成っていましたが、8世紀には高麗郡と新羅郡(後の新座郡)が、そして江戸時代の初め頃に下総国葛飾郡の一部が武蔵国に組み込まれ、22郡となりました。

7

一宮・三宮に関する議論 一宮以下については諸説ある。 遺跡 多磨寺 [ ] 再現された武蔵国府国司居館 のすぐ東側、大國魂神社との間に位置する。 布施清直(〈宝亀5年〉3月任)従五位下、『続日本紀』。

11

(〈3年〉5月13日任 - )従四位上、『日本三代実録』。 このうち天保国絵図は、天保6年(1835 その作成が命じられ、同9年 1838年 に完成しました。

3

「」に記載されている初年時点での国内の支配は以下の通り(3,031村・1,270,550石2斗5升)。 (1869年) - 河瀬知県事の管轄区域に 小菅県を設置(太政官達第36)。 (86村・31,399石余) - 幕府領、旗本領、忍藩、川越藩、上野前橋藩、• 武州 ぶしゅう ともいう。

6

ご迷惑をおかけし、申し訳ありません。 国造 使主 おみはかしこまり喜び黙し得ず、帝のために 横渟 よこね・ 橘花 たちばな・ 多氷 おおひ・ 倉樔 くるすの四ヵ所の屯倉を設け献上した。 (4)神奈川県と六浦県が一緒になり神奈川県となった。

4

高麗(高倉)福信(〈元年〉8月任 - )造宮卿 従三位、『続日本紀』。 また「武蔵三藩」と呼ばれる、、が置かれ江戸の防衛として重臣が配された。

18

・の開発が始まった。 戦国時代は後北条 ごほうじょう 氏が支配したが、 豊臣秀吉 とよとみひでよし の小田原攻め後、 徳川家康 とくがわいえやす が 江戸に入部、 征夷大将軍となって1603年(慶長8)に幕府を開いた。

2

二宮:(東京都二宮、 ) - 武州六社のうち唯一、式内社ではない。 1184年〈元年〉6月20日 任 - 〈6年〉)従五位下、*。

14