神戸 山口組 最新 情報。 神戸山口組の二代目宅見組からも複数の移籍者か 離脱が続いて組織運営に支障も|ニフティニュース

それを受けて、六代目山口組サイドからは、雄成会や高橋元会長に今後手出しはしないようにとの通達が各傘下組織に回されたといわれている。

12

だが、井上組長たちは神戸山口組の結成当初、各関係先に送った書状の中で、六代目山口組を離脱した理由について、《仁俠道の本分に回帰致し歴代山口組親分の意を遵守する為》としていた。 「有力組織からの離脱で当時は騒然となったが、まだ引き抜きも活発やなかった頃やし、山田組長が離脱した理由も、分裂を巡る意見のすれ違いやったと聞く。

3

詳しいことがわかったら、また書かせてくださいね。 以前から橋本会長の心中は高山若頭が出所したら引退と決めていたのだろうかそれは側近、本人のみ知る事である。 前谷若頭は、まだ入院先の集中治療室にいて面会もできんから、本部に行ったのだろう。

組事務所に乗り込む時点で人が大勢おるのは分かっとるはずやし、そんなところに持って行くようなモンちゃうで」 関西の組織関係者 犯行の一部始終を捉えた防犯カメラ映像を見ると、池田組の敷地内である駐車場に何食わぬ顔で足を踏み入れた岸本若頭代行は、やや離れた場所から前谷若頭に銃口を向けて発砲。

15

県警は繁華街から暴力団への資金の流れを遮断するため、取り締まりを強化している。 検察側は今後この判決を不服として最高裁へと上告することも十分に考えられますが、そもそも今回の逮捕・起訴自体がかなり無理筋だったのかもしれませんね。 6代目体制になっても重用されていたので分裂で神戸山口組に移った時は驚いた。

14

今年1月に特定抗争指定暴力団に指定されてから、 六代目山口組と 神戸山口組の対立は膠着状態に入ったかのように、両組織による派手な衝突は起きていない。

5

数年前に花隈近辺(山健組事務所周辺)の暴力団事務所がこぞって売りに出しているとの話も耳にしたことがある。 そして、11月に入って起きた、神戸山口組幹部である三代目古川組組長への発砲事件。

11